イタビア航空870便事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯38度50分22秒 東経13度25分31秒 / 北緯38.839494度 東経13.425293度 / 38.839494; 13.425293

イタビア航空870便
45724 800627 I-TIGI.jpg
在りし日の事故機(1972年撮影)
概要
日付 1980年6月27日
原因 なんらかの要因による空中爆発
場所 イタリアの旗 イタリアティレニア海上空
死者 81
負傷者 0
航空機
機体 マクドネル・ダグラス DC-9-15
運用者 Flag of Italy.svgイタビア航空
機体記号 I-TIGI
乗客数 77
乗員数 4
生存者 0
テンプレートを表示
ボローニャの博物館で展示されている事故機の残骸

イタビア航空870便事件とは、巡航飛行中のイタリア国内便が突然空中爆発してシチリア島沖に墜落した航空事故である。墜落原因は気象や機体故障ではなく、外部の第三者による故意もしくは過失によるものとされ、各論が唱えられたが、確定されていない。

事件の概要[編集]

1980年6月27日、イタビア航空870便はDC-9-15(アメリカ合衆国製双発ジェット機、機体記号:I-TIGI)によって運行されるイタリア国内線としてボローニャからパレルモに向っていた。

現地時間の午後9時ごろ、高度25000フィート(約7620メートル)を巡航中に航空管制のレーダースクリーンに870便に向う未確認飛行物体が確認された後、ウスティカ島の北東25Kmのティレニア海に墜落した。この事故で乗員乗客81名が死亡し、機体の残骸は水深3700メートルに沈んだ。捜索隊は犠牲者38人の遺体を収容したほか、機体の残骸も回収したが、事件をめぐり長年に渡り論争が繰り広げられた。

事件の各論[編集]

870便が墜落した原因について、パイロットから異常を知らせる通信がなかったことや、直前に未確認飛行物体が確認されたことから、単純な航空事故ではなく、なんらかの破壊活動があった事件であるとの各説が報道された。

870便の機内に仕掛けられた時限爆弾が炸裂したために墜落した「テロ説」のほか、レーダーで確認されていた未確認飛行物体が870便に衝突したため墜落したとの報道があった。この後者の未確認飛行物体の正体は空対空ミサイルであるとする説が報道され、当事者としてイタリア空軍などが名指しされた。

この空対空ミサイルを発射した当事者については、イタリア空軍機誤射説もしくはNATO空軍機誤射説があった。イタリア空軍機が空対空ミサイルを発射した理由としては、同時刻に隣接空域に領空侵犯したリビア軍所属のミグ23戦闘機に対して発射したが、ミサイルが870便を領空侵犯機と誤認して撃墜したというものである。

なお、この領空侵犯したリビア軍機は7月18日にイタリア・カラブリアに墜落していたことが確認された。領空侵犯の理由については、亡命飛行もしくは、おりしも欧州歴訪中のアメリカ合衆国大統領の専用機「エアフォースワン」を撃墜しようとしたなどの説が唱えられたが、いずれも仮説の域を出ていない。

その後、フランスの協力で機体の65パーセントに相当する残骸とフライトレコーダーが回収された。そのうちフライトレコーダーは動力の停止以降の記録がなかったため役に立たなかったが、残骸の解析により機内で何らかの爆発が起きた痕跡が確認された。この爆発の原因について、機内に仕掛けられた爆発物によるテロ、もしくは空対空ミサイルによる誤射のいずれかであるかが論争になった。

テロ説では、同じ1980年8月にネオファシズムテロ組織「武装革命中核」によるとみられるボローニャ駅爆破テロ事件が発生しており、爆弾テロは十分可能性があるとした。この説では爆弾は機体後部のトイレに仕掛けられて、爆発により機体後部上部と尾翼付近に設置されたエンジン1基が乗客13人とともに吹き飛ばされたと推測されている。

もう一方の誤射説では、領空侵犯機に向けて発射した空対空ミサイルが870便の右側機首に命中し、機内で爆発したうえで爆風が胴体後部から吹き抜け、乗客13人が座席ごと機外に放り出されたと推測した。赤外線誘導方式の空対空ミサイルなら、機体後部のエンジンに当たるはずとして、870便に命中したのはセミ・アクティブ・レーダー誘導ミサイルであるとしている。また演習中のミサイルが目標をそれて870便を撃墜したするNATO空軍誤射説があるが、NATOならびにイタリア軍は当日演習は行われていないと否定した。

事件のその後[編集]

墜落原因についての推論が錯綜したが、確定にはいたらなかった。その後、誤射が行われたとしてイタリア空軍の幹部が起訴されたが、1997年になって事故調査委員会は「原因不明の機内の爆発があった」と断定、2007年には同空軍の無罪が確定している。なお、イタリアの裁判所は2013年01月28日、空対空ミサイルの命中によって機体が爆発し墜落した可能性が最も高いとの判断を下した。

しかし、870便の墜落に対し何らかの陰謀があるため真相が明らかにならないとする陰謀説まがいの指摘が現在もなされている。これは航空管制官などが「不審な」急死や自殺をしたことを挙げているが、実際のところ陰謀があったか否かは確認されたものではない。870便の残骸は、2007年に犠牲者81人を偲ぶモニュメントとともにモックアップ復元されて展示されている。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]