イスパノ HA 200

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イスパノ HA 200

イスパノ HA 200

イスパノ HA 200

イスパノ HA 200 サエタ(Saeta)は、1950年代スペインのイスパノ航空機(Hispano Aviación)で開発された2座席高等ジェット練習機である。

設計と開発[編集]

HA 200 サエタ(投げ矢)は、スペイン初のターボジェット航空機だった。本機はウィリー・メッサーシュミットが参画して、前のピストンエンジン装備のイスパノ HA 100から開発された。試作機は1955年8月12日に、最初の量産機は1962年に初飛行した。HA 200はスペイン空軍にE14という名称で配備された。地上攻撃任務の単座型(HA 220)が開発されC10という名称でスペイン空軍に配備された。

HA 200はエジプトのヘルワン航空機でヘルワンHA 200Bアル・カヒラ(Al-Kahira)としてライセンス生産された。

派生型[編集]

HA 200E Super Saeta
  • HA 200A:初期生産型。30機生産。
  • HA 200B:チュルボメカ マルボレ(Turboméca Marboré)IIAエンジンを搭載したエジプト向けの前量産型10機。別に90機がエジプトでライセンス生産。
  • HA 200D:近代化されたシステム搭載のスペイン空軍向けの改良型。55機生産。
  • HA 200E Super Saeta:チュルボメカ マルボレVIエンジン、近代化されたアビオニクスと空対地ロケット弾を装備したHA 200Dの改設計型。40機が改装。
  • HA 220:スペイン空軍向けのHA 200Eの地上攻撃型。25機生産。

運用[編集]

エジプトの旗 エジプト
  • エジプト空軍
スペインの旗 スペイン
  • スペイン空軍

要目[編集]

飛行中のHA 200 サエタ

(HA 200E)

  • 乗員:2名
  • 全長:8.97 m (29 ft 5 in)
  • 全幅:10.93 m (35 ft 10⅓in)
  • 全高:2.85 m (9 ft 4½ in)
  • 翼面積:17.40 m² (187.30 ft²)
  • 空虚重量:2,020 kg (4,453 lb)
  • 運用重量:3,600 kg (7,937 lb)
  • エンジン:2 × チュルボメカ マルボレ(Turboméca Marboré)VI ターボジェット  1,058 lbf (4.8 kN)
  • 最大速度:690 km/h (429 mph)
  • 巡航高度:13,000 m (42,650 ft)
  • 作戦航続距離:1,500 km (932 miles)
  • 武装:
    • 翼下にハードポイント
    • 胴体に20mm機関砲×2