イスタンブールを愛した人々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

イスタンブールを愛した人々-エピソードで綴る激動のトルコ』は、1998年に中公新書で刊行された、12名を通じての近現代トルコ史のエピソード集である。

著者の松谷浩尚(まつたに ひろなお)は、トルコ語アゼルバイジャン語、現代トルコ研究者でイスタンブール領事も務めた。

1850年代のクリミア戦争からトルコ革命をへて第二次世界大戦にいたる近代トルコの歴史を、トルコと日本との関係を含め描いている。

刊行書誌[編集]