イスコラト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イスコラト共和国から転送)
移動先: 案内検索
イスコラト政府
ロシア帝国 1917年 - 1918年 バルト連合公国
ラトビア社会主義ソビエト共和国
LSPRの国旗
(国旗)
公用語 ラトビア語ロシア語
首都 リガ(1918年2月まで)
議長
1917 - 1918 フリツィス・ロジン
変遷
成立 1917年12月17日
解体 1918年3月

イスコラト(ロシア語: Исколат)は新暦、1917年7月29日~30日(旧ロシア暦1917年8月11日~12日)ラトビア社会民主主義者が中央評議会のイニシアチブを握っていた際にリガに設置された評議会。イスコラトはラトビア労働者、農業者、兵員のソビエト執行委員会(Исполнительный комитет Совета рабочих, солдатских и безземельных депутатов Латвии)の略称である。ラトビア社会主義ソビエト共和国の建国を目指した。

ロシア10月革命を行った1917年10月以降、この革命はラトビアにも波及した。1917年12月17日、ラトビアの人民代議員大会はバルミエラに召集され、選挙によって新しいイスコラト政府の長にフリツィス・ロジンが選ばれた。この後ラトビア社会主義共和国中央評議会は10月革命をドイツに占領されていないラトビア領に持ち帰る目的のために運営された。

しかし、1918年2月、ドイツ帝国がリガを占領すると、イスコラトはツェーシス、さらにヴァルカまで移動した。さらにヴァルカ地区が奪われると、1918年3月にはロシア臨時政府によって設立されたこの機関は解体された。

ソビエト史ではイスコラトは1917年12月から翌年2月にかけてラトビアに主権を持った最初のソビエト政府と考えている。しかし、Andrew Ezergailisは「イスコラト共和国」のための自治と独立がラトビアのボルシェビキによって目標に達することは無かったとし、これらは連邦主義者のペトリス・スツカによって達成されたと表している。[1]

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ Swain, Geoffrey (1999). “The Disillusioning of the Revolution's Praetorian Guard: The Latvian Riflemen, Summer–Autumn 1918” (PDF). Europe–Asia Studies 51 (4): 667–686. doi:10.1080/09668139998840. http://openurl.ingenta.com/content?genre=article&issn=0966-8136&volume=51&issue=4&spage=667&epage=686 2007年7月10日閲覧。. 

参照[編集]