イザベル・オブ・グロスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
イザベル・オブ・グロスター
Isabel of Gloucester
称号 グロスター女伯
出生 1173年
死去 1217年10月14日
埋葬  
カンタベリー大聖堂
配偶者 イングランドジョン
  2代エセックス伯ジェフリー・フィッツジェフリー・ド・マンデヴィル
  初代ケント伯ヒューバート・ド・バラ
父親 2代グロスター伯ウィリアム・フィッツ・ロバート
母親 アヴィーズ・ド・ボーモン
テンプレートを表示

イザベル・オブ・グロスター(Isabel of Gloucester, 1173年 - 1217年10月14日)は、イングランドジョンの最初の妻。ヘンリー1世の庶系の孫である第2代グロスター伯ウィリアム・フィッツ・ロバート(ロバート・デ・カーンの子)の娘。父が1183年に死去した時、男子の後継者がいなかったため、グロスター伯の称号は一旦消滅したが、1186年に新たにイザベルに与えられた。

生涯[編集]

1189年8月29日に王弟ジョンと結婚した。ジョンがイングランド王となったのは1199年であるが、その前後に婚姻の無効ローマ教皇ボニファティウス8世に認められて離婚した(共にヘンリー1世の血を引く又いとこであったことが理由とされた)。イザベルは王妃とは認められず、グロスター伯位も召し上げられた。

召し上げられたグロスター伯位と伯爵領は彼女の姉マーベルの息子のエヴルーアモーリー4世[1]に受け継がれたが、1213年に彼が死ぬとイザベルは再びグロスター伯に封じられた。その後1214年に2代エセックス伯ジェフリー・フィッツジェフリー・ド・マンデヴィルと再婚したため彼もグロスター伯を名乗った。

1216年にジェフリーが死に、イザベルは再び未亡人となる。1217年にヒューバート・ド・バラ(後のケント伯)と結婚するが、結婚した1か月後に死んだ。彼女の死後、グロスター伯位は妹アミシー(ハートフォード伯爵夫人)の息子ギルバート・ド・クレアに引き継がれた。

脚注[編集]

  1. ^ 彼はジョン欠地王に従っていたためフィリップ2世の攻撃を受けてフランス側の本領エヴルーを失っており、それに対する補償としてグロスター領を与えられた。
先代:
ウィリアム・フィッツ・ロバート
グロスター伯
1183年 - 1199年
次代:
アモーリー4世・ド・エヴルー
先代:
アモーリー4世・ド・エヴルー
グロスター伯
1213年 - 1217年
次代:
ギルバート・ド・クレア