イサベル・フランシスカ・デ・ボルボン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イサベル・フランシスカ・デ・ボルボン
Isabel Francisca de Borbón
アストゥリアス女公
Infanta Isabel de Bourbon e Bourbon.2.jpg
称号 アストゥリアス女公:1851年 - 1857年、1875年 - 1880年
出生 (1851-12-20) 1851年12月20日
スペインの旗 スペイン王国マドリード王宮
死去 (1931-04-23) 1931年4月23日(79歳没)
フランスの旗 フランス共和国パリ
埋葬  
オートゥイユ修道院、のちラ・グランハ宮殿内礼拝堂
配偶者 ジルジェンティ伯ガエターノ・ディ・ボルボーネ=ドゥエ・シチリエ
父親 フランシスコ・デ・アシース・デ・ボルボーン
母親 スペイン女王イサベル2世
テンプレートを表示
イサベル2世と幼いイサベル王女、フランツ・ヴィンターハルター画、1852年

イサベル・フランシスカ・デ・ボルボンIsabel Francisca de Borbón y Borbón, 1851年12月20日 - 1931年4月23日)は、スペインの王族。2度アストゥリアス公(女公)位を授けられた人物である。

生涯[編集]

女王イサベル2世王配フランシスコ・デ・アシスの第1子としてマドリード王宮で生まれた。

カルリスタの動乱と散発する内戦の時代であり、イサベルは生後間もなく、王位継承予定者に与えられるアストゥリアス公(女公)位を授けられた。

1857年、弟アルフォンソ(のちのアルフォンソ12世)が誕生すると、イサベルは王位継承順位第2位となり、アルフォンソがアストゥリアス公となった。

1875年に即位したアルフォンソは独身であったため、24歳のイサベル王女が再び推定相続人となった。2度目のアストゥリアス女公時代は、1880年にアルフォンソ12世の第1子マリア・デ・ラス・メルセデスが誕生したことで終わった。幼いマリア・デ・ラス・メルセデス王女がアストゥリアス公となった。

1868年、イサベルは両シチリア王家のジルジェンティ伯ガエターノフェルディナンド2世の四男)と結婚した。ガエタノは、イサベルの両親といとこ同士であった。彼は精神不安定の症状を抱えており、1871年ルツェルンで自殺した。

イサベルは国民に非常に人気があり、尊敬されていたと伝えられている。彼女には子供がなく、再婚せず、共和制成立で王家がフランスへ亡命した1931年パリで死去した。

1991年、オートゥイユの修道院内に埋葬されていたイサベルの棺は、フアン・カルロス1世によってラ・グランハ宮殿内礼拝堂へ移葬された。

先代:
イサベル2世
アストゥリアス女公
1851年 - 1857年
次代:
アルフォンソ12世
先代:
アルフォンソ12世
アストゥリアス女公
1875年 - 1880年
次代:
マリア・デ・ラス・メルセデス