イサベル・デ・カスティーリャ (1283-1328)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イサベル・デ・カスティーリャ
Isabel de Castilla
アラゴン王妃
Elisabeth of Castile, queen of Aragon.jpg
在位 1291年 - 1295年

出生 1283年
Flag of Castile.svg カスティーリャ王国トーロ
死去 1328年7月24日
Drapeau de la province de Bretagne (1532).svg ブルターニュ公領、ビリエ
埋葬 Drapeau de la province de Bretagne (1532).svg ブルターニュ公領、プリエール修道院
結婚 1291年12月1日 ソリア
1310年 ブルゴス
配偶者 アラゴン王ハイメ2世
  ブルターニュ公ジャン3世
家名 ブルゴーニュ家
父親 カスティーリャ王サンチョ4世
母親 マリア・デ・モリナ
テンプレートを表示

イサベル・デ・カスティーリャ(スペイン語:Isabel de Castilla, 1283年 - 1328年7月24日)は、アラゴン王ハイメ2世の最初の妃、のちブルターニュ公ジャン3世の妃[1]

生涯[編集]

イサベルはカスティーリャ王サンチョ4世とマリア・デ・モリナの間にトーロで生まれた。1291年12月1日ソリアにおいて、イサベルはアラゴン王ハイメ2世と結婚した。ハイメ2世は24歳であったのに対しイサベルは8歳であったためこの結婚は完遂しなかった。

父サンチョ4世は1295年4月25日に死去した。ハイメ2世は同盟相手を変更しカスティーリャ国内の混乱を利用することを決めた。そのため、ハイメ2世はイサベルとの結婚を解消し、ビアンカ・ディ・ナポリと結婚した。

その後10年以上イサベルは未婚のまま過ごしたが、1310年ブルゴスブルターニュ公ジャン3世と再婚した。この結婚で子供は生まれなかった。

1328年にイサベルは死去し、プリエール修道院に埋葬された。

脚注[編集]

  1. ^ Ludwig Vones: Isabella 8). In: Lexikon des Mittelalters (LexMA). Band 5. Artemis & Winkler, München/Zürich 1991, ISBN 3-7608-8905-0.