イケニエノヨル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イケニエノヨル
ジャンル 呪いのゲーム
対応機種 Wii
発売元 マーベラスエンターテイメント
人数 1人 - 2人
発売日 2011年3月24日
対象年齢 CEROC(15才以上対象)
売上本数 5,359本[1]
テンプレートを表示

イケニエノヨル』は、マーベラスエンターテイメントより2011年3月24日に発売されたWii用のゲームソフトである。

概要[編集]

Wiiリモコンを懐中電灯に見立て、その明かりで廃墟を探索するホラーゲーム

ストーリーは登場人物となる抽象的な5人のそれぞれ個別に分かれており、各エピソードを選択しつつ順序だって攻略する。

あらすじ[編集]

憑夜見(ツクヨミ)渓谷。そこは、神に生け贄を捧げていたという伝承が残る地。 とある大学の仲間5人が、この渓谷に建つ館に集まることになっていた。 楽しい想い出になるはずの小旅行。しかし、運命は過酷だった。

舞台[編集]

憑夜見渓谷(つくよみけいこく)

登場人物[編集]

あなた
5人を襲った惨劇から24時間後に、憑夜見渓谷に訪れた人物。いわゆるプレーヤーである。
5人の大学生(名前の変更可能)
レッド
やや乱暴な性格だが、寂しがり屋でもある5人のリーダー(男子)。
行動力はピカイチ。肝だめしをしようと言い出した張本人だが、真っ先に事件に巻き込まれる。
ピンク
はきはきと意見を言う、いまどきの女子。わがまま。レッドと付き合っている。レッドを襲った悲劇から、じょじょに錯乱していく。
イエロー
育ちがよいが、ときどき天然ぶりを発揮する女子。意外と気が強い。今回は旅行に合流するのが遅れたため、事件に巻き込まれずにすんだかに思えたが……。
ブルー
心優しく正義感が強いが、気弱な男子。イエローのことが好きで、この旅行に誘った。
ブラック
「憑夜見渓谷」にある父親の屋敷に仲間を招待した、男。いつも冷静で頼れるタイプ。この渓谷に伝わる生贄伝承について独自に調査を進めている。
イケニエ
プレーヤーに襲い掛かってくる実体のないキャラ。オジサン・オバサン・ジジなど多彩。瞬間移動ができる。
幼女(表記は少女)
ツクヨミの妹らしき人物。謎が多く実体もない。このゲームのキーパーソンか狂言回し(?)。
ツクヨミ
死人のような雰囲気を持つ女性。彼女も謎が多く実体がない。

出典[編集]

  1. ^ 『ファミ通ゲーム白書2012 補完データ編(分冊版)』 エンターブレイン2012年2016年12月11日閲覧。

外部リンク[編集]