イグナティウス・アチャンポン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
イグナティウス・アチャンポン
Ignatius Kutu Acheampong

 ガーナ共和国
第6代国家元首
任期 1972年1月13日1978年7月5日
副大統領 (不在)(1972-1975)
フレッド・アクフォ(1975-1978)

出生 (1931-09-23) 1931年9月23日
Flag of the Gold Coast.svg 英領ゴールド・コースト
死去 (1979-06-16) 1979年6月16日(47歳没)
ガーナの旗 ガーナアクラ
政党 NRC(1972-1975)
SMC(1975-1978)

イグナティウス・クツ・アチャンポンIgnatius Kutu Acheampong1931年9月23日 - 1979年6月16日)は、ガーナの軍人、政治家。クーデターで政権を握り、ガーナの第6代の国家元首となった。

1972年1月13日、アチャンポンは無血クーデターを起こし、文民政権のコフィ・ブシア首相を追放して軍事政権を樹立した。大義名分はブシアの経済失政とアカン人中心主義に対する反発だった。

アチャンポンは国家救済評議会 (NRC) を設置し、議長に就任。軍政をひいて混乱を収拾しようとしたが、逆に政治の私物化が行われ、腐敗が横行。「泥棒政治」といわれる状況に陥った。ガーナ経済はどん底に落ち込み、アチャンポンへの批判が高まった。

1975年10月9日、国家救済評議会は最高軍事評議会 (SMC) へと改編され、アチャンポンは市民も入れた連合政権を提案。1978年3月30日の国民投票で60.11%の支持を得たものの、1978年7月5日フレッド・アクフォ将軍のクーデターにより失脚。その後アクフォによって釈放されたものの、1979年6月16日ジェリー・ローリングスのクーデターによって失政の責任を問われ、処刑された。

公職
先代:
エドワード・アクフォ・アド
ガーナの旗 ガーナ共和国国家元首
第6代:1972-1978
次代:
フレッド・アクフォ
先代:
コフィ・ブシア
ガーナの旗 ガーナ共和国首相
1972-1978
次代:
フレッド・アクフォ