イグナシオ・ラモネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はラモネ第二姓(母方の)はミゲスです。
イグナシオ・ラモネ

イグナシオ・ラモネ・ミゲスイニャシオ・ラモネイグナシオ・ラモネットとも、Ignacio Ramonet Miguez1943年5月5日 - )はフランスジャーナリストで、月刊紙『ル・モンド・ディプロマティーク』元編集総長。スペインガリシア地方ポンテベドラ県レドンデーラ出身。市民団体「ATTAC」創設者。

来歴[編集]

パリ社会科学高等研究院(EHESS)で記号論を学ぶ。1991年から2008年3月までル・モンド・ディプロマティーク編集総長を務める。

1997年12月のル・モンド・ディプロマティークでトービン税導入を提唱する記事を執筆し、ATTAC創設に繋がった。また、彼が1998年に執筆した「もう一つの世界は可能だ(日本語)」という記事は、その後世界社会フォーラムアルテルモンディアリスム(直訳すれば「もう一つの世界主義」)などの運動を生んだ。NGO(非政府組織)「メディア・グローバル・ウォッチ」の創設者でもある。国境なき記者団からフィデル・カストロと親しいと言われており、事実、唯一の公認自伝作家である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]