イクヒカリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イクヒカリの先祖、コシヒカリ

イクヒカリとは、コシヒカリを開発した福井県農業試験場が開発したの一種である。 コシヒカリのひ孫にあたる。

特徴[編集]

もっちりとした食感で、炊き上がりはコシヒカリよりふっくらとしており、冷めた時の粘りはコシヒカリよりも強いために、おにぎり弁当などに特に最適であるといわれている。

沿革[編集]

  • 1956年 福井県農業試験場でコシヒカリが開発される。
  • 2004年 同試験場でイクヒカリが「越南148号」と「どんとこい」(北陸148号)をかけ合わせて開発される。開発中の名称は越南176号。イクヒカリの名称は食育、幾久しい、光輝くなどの意味からつけられた[1]

脚注[編集]

  1. ^ イクヒカリ情報

外部リンク[編集]