イギン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:本社・本店外観の画像提供をお願いします。2022年6月
イギン株式会社
TOKYO IGIN.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
108-8468
東京都港区港南1-8-23
Shinagawa HEART 4階
本店所在地 500-8462
岐阜県岐阜市加納神明町2-8【登記上】(現:岐阜営業所・アクセサリーセンター所在地[1]
設立 1956年11月29日
(1947年4月1日創業)
業種 繊維製品
法人番号 8200001000310
事業内容 婦人フォーマルウェア・婦人小物・フォーマルアクセサリー製造販売
代表者 代表取締役社長 井上 隆治
資本金 1億円
外部リンク https://www.igin.co.jp/
テンプレートを表示

イギン株式会社英文名称TOKYO IGIN.)は、東京都港区港南に本社、岐阜県岐阜市に登記簿上の本店を置く服飾メーカー。自社ブランドの「東京いぎん」のほか、クロエニナ・リッチバルマンなど日本国外のファッションブランドと提携して婦人服・婦人小物の商品展開を行っている。
嘗ては「東京IGIN」の名称と「付いています。イギンのマーク」のCMソングでテレビCMを放送しており、2頭の白馬を伴う馬車に乗った、騎士が兜を脱ぐと実は騎士は金髪の美女だというCMが話題となった。また、創業地である岐阜県の民放テレビ局岐阜放送(ぎふチャン)ローカルで、本編とCM部分とが連続したアニメとなっておりモーゼの十戒のように海が割れる映像の「東京いぎんの天気予報」を長年放送していた。
また、1966年に全国展開を図る際、「イギンの婦人礼服(のちのレディース・フォーマルウェアーの原点)」の専属モデルとして、女優の京塚昌子を、1981年には歌手の八代亜紀を同様にモデルに起用させたことがある[2]

沿革[編集]

  • 1947年4月 - 婦人既製服製造販売業「井上商店」を、岐阜市にて創業
  • 1956年11月 - 株式会社に改組、井銀株式会社[注釈 1]設立
  • 1966年 - 「イギンの婦人礼服(レディース・フォーマル)」を本格的に全国展開するのをきっかけに、これまでの婦人既製服製造販売からレディース・フォーマルウェア専門店に業態を切り替える。
  • 1968年5月 - イギン株式会社に社名変更[注釈 1]
  • 1971年12月 - 岐阜市加納神明町2丁目8番地に地上5階建ての本社屋ビル(現在の岐阜営業所・アクセサリーセンター所在地)が竣工する
  • 1974年1月 - 東京都港区六本木に東京支店を開設。
  • 1997年11月 - 東京都港区港南に東京本社ビルを建設。

主なブランド[編集]

  • 東京いぎん - 自社による、ワンピースやドレスなど婦人フォーマルブランド
  • ニナリッチ - パリのニナ・リッチ社との提携による婦人オートクチュールブランド
  • ジブリーヌ - ベルベット商品のブランド
  • バルマン - パリのバルマン社 (Balmain (fashion house)との提携による婦人服ブランド

事業所[編集]

東京本社
東京都港区港南一丁目8番23号 Shinagawa HEART 4階
岐阜営業所(登記上本店)・アクセサリーセンター
岐阜県岐阜市加納神明町2番8号
大阪営業所
大阪府大阪市中央区大手前一丁目7番31号 大阪マーチャンダイズ・マートビル18階
物流センター
岐阜県岐阜市福住町二丁目4番3号

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b 社名である「イギン」の由来は代表取締役会長である井上銀一の苗字と名前の頭文字(一)から採られている。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]