イギリス赤外線望遠鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
夕暮れ時のUKIRT

イギリス赤外線望遠鏡 (United Kingdom Infra-Red Telescope, UKIRT) は、ハワイ島マウナケア山頂天文台群にある天文台1979年10月に観測を開始し[1]赤外線観測専用望遠鏡としては世界最大の口径3.8mを誇る。

名前の通りイギリスが所有しJACの運用する望遠鏡であったが、イギリスの財政難により2014年にハワイ大学に譲渡され現在はNASAが資金提供し、協定によりハワイ大学、アリゾナ大学ロッキード・マーティン先端技術センターが運用している。[2]

現在、近赤外線観測用広視野カメラWFCAMを用いた深宇宙サーベイUKIDSSが主要なプロジェクトとして遂行されている[3]。7500平方度に及ぶ広い領域を、先行する赤外線サーベイ観測2MASSに比べて3等級暗い天体まで撮影する計画である。7年間通算1000夜を費やすこの計画[4]によって、銀河系内に位置する非常に低温の天体から赤方偏移が1を超える遠方の銀河が観測され、天文学の様々な分野に進展をもたらすことが期待されている。

関連項目[編集]

学問・技術[編集]

参考資料[編集]

外部リンク[編集]