イギリス地名常置委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

イギリス地名常置委員会(イギリスちめいじょうちいいんかい、Permanent Committee on Geographical Names、略称:PCGN[1])は、特定の省庁の下に属さず、独立した形で1919年に設置されたイギリスの行政委員会。その目的はイギリス国外における地名について、イギリス政府が使用すべき標準化地名の確定にある。

日本語では、イギリス公用地名政府常設委員会などとも称される[2]

委員会は[3]英国放送協会 (BBC) のモニタリング・サービス、国防情報参謀部情報収集グループ (ICG)、国防情報参謀部スタッフ、外務・英連邦省政府通信本部イギリス水路測量局陸地測量局英語版 (OS)、王立地理学会 (RGS)、王立スコットランド地理学会英語版から構成されている。

脚注[編集]

  1. ^ 金子純一「第26回国連地名専門家グループ会合報告」、『国土地理院時報』第49巻第2号、国土地理院、2013年、 139頁。 NAID 40019657669
  2. ^ 小俣利男「ロシア地名の日本語表記に関する若干の考察」、『東洋大学社会学部紀要』第123号、東洋大学社会学部、2009年、 139頁。 NAID 120005274207
  3. ^ Members Page on PCGN website

外部リンク[編集]