イギリス国鉄クラス321電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イギリス国鉄クラス321電車
ノーザン・レールのクラス321、ドンカスターにて。
基本情報
製造所 BREL
製造初年 1988年
主要諸元
編成 4両編成
軌間 1,435 mm (標準軌)
電気方式 交流25,000V・50Hz 架空電車線方式
最高速度 161 km/h[1]
編成定員 座席定員309人 (クラス321/9)[2]
編成重量 137.9 t
全長 19.95 m[1]
全幅 2.82 m[1]
全高 3.78 m
編成出力 1,072 kW
テンプレートを表示

クラス321 (Class 321) は、1988年から1991年にかけて製造されたイギリス国鉄交流型電車である。派生形式としてクラス320クラス322も増備された。車体はマーク3客車がベースとなっており、その設計は直流型電車のクラス456にも踏襲されている。

概要[編集]

大きく分けて3つのグループに分類される。各グループとも1M3Tの4両固定編成であり、2本併結の8両編成、3本併結の12両編成での運転にも対応している。制御車-電動車-付随車-制御車の編成を組み、電動車にパンタグラフを1基設置している。

1988年から1990年にかけて導入されたクラス321/3は、66編成がロンドンのリバプール・ストリート駅を起点とするグレート・イースタン本線の近郊列車に投入され、老朽化したスラムドア車のクラス305308309を置き換えた。

1989年から1990年にかけて48編成が導入されたクラス321/4は、ロンドン・ユーストン駅を起点とするウェスト・コースト本線の近郊列車に投入された。編成中の1等室の割合が増えており、クラス321/3では両端先頭車の3分の1室であったのに対し、クラス321/4では半室となっている。

1990年に登場した最終増備車のクラス321/9は、西ヨークシャー交通局によりリーズ近郊の電化用に3編成が投入された。1等室は設置されておらず、全室が普通車のモノクラス編成となっている。

運行[編集]

イギリス国鉄の民営化後は、主に以下の列車運行会社で運用されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c Fox, Peter; Hall, Peter; Pritchard, Robert (2007). British Railways Locomotives & Coaching Stock 2007. Platform 5, Sheffield. ISBN 978-1-902336-55-8. 
  2. ^ THE NORTHERN INTERIM FRANCHISE AGREEMENT”. 2015年4月22日閲覧。

外部リンク[編集]