イギリス料理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イギリスの料理から転送)
移動: 案内検索

イギリス料理(イギリスりょうり、:British cuisine)とは、主にイギリスで食される料理イングランド料理北アイルランド料理(en)、スコットランド料理(en)、ウェールズ料理(en)に分けられ、また、これから派生したものにアングロ・インド料理(en)がある。

概要[編集]

伝統的なクリスマスの午餐
フル・ブレックファスト(イングリッシュ・ブレックファスト)の一例

ヨーロッパの他の国々におけるのと同様、イギリスの食文化には穀類主食としているという自覚は概してとぼしいが、ジャガイモを揚げる(チップス)、焼く(ベークドポテト)、あるいは茹でるなどしたものが主菜の付け合わせとして大量に添えられることが多く、ジャガイモが事実上の主食となっている。

主食に準じる食品として、パンは薄くスライスされたトーストが好まれ、ジャムやバター、ベーコンや卵料理などを付けて食べられる。同様に、小麦などで作ったプディングが好まれ、イギリス料理にはデザートから肉料理、主菜の付け合わせにいたるまで、多種多彩なプディングがある。また、ポリッジなども伝統的によく食べられ、近年はシリアル食品パスタを食べることも多い。小麦や大麦などを加工したビスケット(ビスケットはクッキーを更に焼き固めて水分を飛ばした物、クッキーと同義)は、保存食として、古くは大航海時代の食料として活用され、現代でも軍隊の兵士が携行する戦闘糧食として納められている。

ローストビーフやステーキやシチューの調理法、あるいは獲った鳥やウサギを鍋で煮込んだり丸焼きにしたりするような料理に見られるように、イギリス料理は料理としての手間をかけないものが多く(フランス料理においてアングレーズ(イギリス風)というと、単に茹でただけか焼いただけの非常にシンプルな調理法を指す)、そのために、料理が素材そのものの味に大きく左右される。つまり、素材が良ければでき上がる料理も美味しくなる事があるが、素材が悪ければそれも期待できない。いい意味で考えれば、「シンプルで基本的な料理」という古の方法を保守しているといってもよい(もっとも、良い素材を茹で過ぎる事によって台無しにしているという観点も存在する[1])。

このように総じて素朴でシンプルなイギリス料理ではあるが、イギリス式の朝食はソーセージやベーコン、卵料理がつくなど充実している。卵やベーコンは、現代ならともかくとして、20世紀初頭以前においては、他国では庶民が朝食メニューとして食することは到底考えられない、ぜいたくな食材である(もっともソーセージは例外であり、イギリスの伝統的なものは、パン粉を半分以上混ぜ込んだ俗にバンガース/bangersと呼ばれる低級なものである)。一般的に「イングリッシュ・ブレックファスト(ウェールズなど場所によって名称は異なる。総称はフル・ブレックファスト)」と言えば、より品数の少ないアメリカン・ブレックファストや温かい料理がないコンチネンタル(大陸式)・ブレックファストよりも上級に位置付けられる。

また、一般には料理とは区別されるが、イギリスのお茶菓子はイギリス以外の国でも名高く、美味しい菓子が多く知られている。イギリスの家庭の主婦も、夕食メニューには手をかけなくても、お菓子づくりにはこだわりを持つものが少なくない。イギリス以外でもそうだが、一日三食が普及するのは近年のことであり、かつては一日二食が普通であり、イギリスにおいてティータイムは昼食代わりでもあった。そのティータイムのお菓子メニューは極めて充実しているのである。

また、いわゆる伝統的なイギリス料理の範疇からは外れるものの、大航海時代時代以降世界の海を制し世界中に大英帝国の版図を広げた歴史を持つイギリスは、植民地の料理を取り入れ、それを世界中に広めた歴史を持つ。例えばカレーインドが発祥とされるが、それを世界に広めたのはイギリスであり、広まったカレーもイギリスによりアレンジされたものである。そういう意味においては、現在のイギリスでも「美味しい料理」は存在する。言葉を変えれば、イギリスで美食文化が成立する以前に他国の食習慣が流入した、あるいは他国から流入した食事メニューはイギリス料理の範疇には加えられなかった、ということである。

そのためイギリスにおける外国料理、例えば中華料理インド料理の店には、長い伝統がある場合も珍しくない。チキンティッカマサラのように、イギリス発祥のインド料理も存在する。最近ではフランス料理や、イタリアをはじめとする地中海料理、さらにはそういった外国の料理の影響を受けた料理店も存在する。近年では伝統的なイギリス料理を改革した「モダン・ブリティッシュ・キュイジーヌ」と呼ばれる新しいイギリス料理の潮流が生まれ、美味しい料理を食することは難しいことではなくなっている。かつて一時期、フランス料理などに比べて、高級料理の洗練が劣っていたこと、料理による調理法の洗練度の当たり外れが大きいだけであり、現在ではおいしいイギリス料理は多い。その一方で、朝食やティータイムは簡素化される傾向にある。

また、高級なレストランはともかくとして、パブにおいての料理であれば、過度に期待しなければ、それなりに美味しく食べられる料理が供されるという意見もある[1][2]

「不味い」というイメージ[編集]

イギリス料理は、フランス料理イタリア料理などと比べ種類が少なく、食材や調理法の多様性も貧弱である(英語の料理用語はフランス語などからの借用が多い)。世界的に「不味い料理」というイメージが定着してしまっており、当のイギリス人たちでさえ食事の不味さをジョークとして自虐的に口にするほどである。大体において、「○○国の料理は不味い」といっても、その国の食習慣に外国人が馴染めないだけであり、その国の人にとっては美味しい料理であるという場合が多い。しかし「イギリス料理が不味い」というのは、そのような事とは意味合いが本質的に異なる。イギリス料理が不味いのは、イギリス人自身が認めるところなのである。他国の料理をけなすのは、その国の文化を差別するという考えがあるが、そもそもイギリスには美食文化が存在しなかったのであり、それを理解しないことは、ある意味、イギリス文化に対しての無理解であるともいえる。イギリス人は料理には無関心なのが伝統であり、料理に関心をもつ他国の習慣をむしろ侮蔑し、「料理なんてものに大切な時間や神経を浪費するなんてばかばかしい」と発言するイギリス人もいる[1]。おいしいの定義を、ぜいたくな美食家レベルではなく、生活者レベルのほどほどのおいしさと手軽さというレベルに設定するのであれば、イギリス料理はむしろ合理的であり、生活文化における必要度を超えて過度に美食を追求する欧州大陸の文化こそ非合理であるとの主張もある。

なぜこれほどにまで不味いと言われるのかというと、野菜は本来の食感がわからなくなるほど茹でる、油で食材が黒くなるまで揚げる、麺を必要以上にゆでて、歯ごたえをなくすなどといった、イギリスでよく行われる、食材本来の味や食感を残さないほど加熱する調理法が他国人には好まれないからである[1] 。しかも食べる人の好みに応じて塩や酢などで味付けされることを前提としているため、調理の段階で味付けらしい味付けがされないことも多く、不慣れな旅行者は味のない料理に困惑することになる[1]。実際、現在においてもイギリスのレストランの多くにおいては、高級店であっても、塩や酢などの調味料がテーブルに並び「客が好みで味付けすべし」という状態であり、他国では考えられない状態である[2]。結果としてイギリス料理で美味しく食べられるものは、せいぜいローストビーフステーキ程度という評判が定着してしまった。

このような状況になったのは、かつてのイギリス貴族が、日曜日にはを一頭屠ってローストビーフやステーキを食べるという習慣があった事も原因である。一頭分の牛肉は1日で食べきれるものではないため、平日の食事では日曜日に残った肉をそのまま、あるいは再び調理しなおして食べる事になる。また残り物の肉を食べる場合も、食べる人が好みで味付けする場合が多かった。結果として日曜日に食べるローストビーフ以外は、冷たい肉か、あるいは火を通しすぎた肉を食べ、また個人が好みで味付けするのが当然という食習慣が成立してしまった。なお、このような日曜日に大食をするのが贅沢という習慣は、フランスイタリアなどでも見られたが、やがて美食が贅沢という方向に移っていき、世界的に評判の高いフランス料理やイタリア料理の成立を見た。一方でイギリスでは美食が贅沢という習慣が生まれないうちに、それがイギリス料理の伝統として成立してしまったのである。

また、料理に過剰の加熱が行われるようになった一因には産業革命以降の労働者の居住環境があげられる。当時、都市居住の労働者階級の家庭では、新鮮な食材を入手することが困難であった。これに食物を加熱殺菌することが奨励された当時の衛生学の啓蒙が相まって必要以上に食材を加熱する調理法が普及したという側面もある。衛生学上の問題が解決して以降も、イギリス人気質もあり、過剰な加熱がイギリス料理の伝統として定着してしまったのである。またパン粉を混ぜたイギリス風のソーセージも、元来は飢饉食であったものが、伝統として定着したという説がある。

1902年から発売されたマーマイトのように、食味が極めて劣悪な食品でありながら、栄養価が非常に高いという「合理的判断」から、イギリスないし旧イギリス植民地において、大衆食として広く愛され、普及した例もある。

またイングランド人社会学者のスティーヴン・メネル (Stephen Mennell) は、「目の前に、二つの皿が並んでいたら、自己否定の原則に従って、自分の好きでないほうを食べなければならない」と考えるピューリタン的な禁欲主義が、イギリスの食文化の発展を阻んだという見方を、著書で紹介している(なお、メネル自身はこの見方を否定している)[3]

結果、上述の通り現在ではイギリスでも美味しい料理は食べられるが、それは外国料理や、外国の料理の技法を取り入れた新しい料理だったり、伝統的イギリス料理を改革したものという位置づけになった。パン粉を混ぜたイギリス風のソーセージは典型的なものであり、現代ではイギリスでも豚肉100%のソーセージが普通に売られており、食べられているが、それは「ドイツ風のソーセージ」と看做されている。

イギリス料理に対するマイナスイメージを払拭しようとする試みも始まっている。日本においては、2013年より在日本英国大使館が「Food is GREAT」「A Taste of Britain」「ためしてみて、美味しいイギリス」と題したキャンペーンを展開している[4][5]。大使館の広報部マーケティングマネジャーは「英国の食べ物はまずいという、10年ほど前にいわれていたことが、日本では都市伝説化している」[6]と主張しており、日本駐箚英国特命全権大使ティモシー・ヒッチンズを筆頭に大使館職員らがイギリス料理のイメージ改善に取り組んでいる[5][6]

イギリス料理の一覧[編集]

肉料理[編集]

魚料理[編集]

パン類、パスタ料理など[編集]

デザート・菓子[編集]

イギリス料理の食材[編集]

イギリスのチーズ[編集]

食習慣[編集]

イギリスの料理人[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『イギリスはおいしい』林望著 (文春文庫ISBN 978-4167570026
  2. ^ a b 『イギリス病のすすめ』田中芳樹土屋守著(講談社文庫)ISBN 978-4062731195
  3. ^ 『食卓の歴史』スティーヴン・メネル著 北代美和子訳。(中央公論社ISBN 978-4120018114
  4. ^ 「Food is GREAT: A Taste of Britain ためしてみて、美味しいイギリス」『Food is GREAT: A Taste of Britain | A Taste of Britain駐日英国大使館貿易・対英投資部
  5. ^ a b "Inspired by A Taste of Britain: Food is GREAT campaign launches in Japan", Inspired by A Taste of Britain: Food is GREAT campaign launches in Japan - News articles - GOV.UK, Government Digital Service, August 30, 2013.
  6. ^ a b 「美味しいイギリス、英国食品のイメージ払拭」『美味しいイギリス、英国食品のイメージ払拭 - イベント | 日刊水産経済新聞』水産経済新聞社、2013年9月2日

外部リンク[編集]