イカリエ-XB1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イカリエ-XB1
Ikarie XB-1
監督 インドゥジヒ・ポラーク
脚本 インドゥジヒ・ポラーク
パヴェル・ユラーチェク
原作 スタニスワフ・レム
(「マゼラン星雲」より)
出演者 後述
音楽 ズデニェク・リシュカ
撮影 ヤン・カリシュ
製作会社 バランドフ撮影所
公開 チェコスロバキアの旗 1963年7月26日[1]
日本の旗 2018年5月19日[2]
上映時間 88分
製作国 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
言語 チェコ語
テンプレートを表示

イカリエ-XB1』(原題:Ikarie XB-1)は、1963年制作のチェコスロバキアSF映画

スタニスワフ・レム原作のSF小説「マゼラン星雲」の映画化。欧米でも大ヒットし、後に『スタートレック』などに影響を与えた。

2016年に4K修復され、同年の第69回カンヌ国際映画祭のカンヌ・クラシックスで上映された[3][4]

あらすじ[編集]

2163年、宇宙船イカリエ-XB1は生命探査のため、アルファ・ケンタウリ系へと向かっていた。

その途中、船は漂流中の朽ちた宇宙船を発見する。船内には不可解な死を遂げた乗組員たちの遺体が転がっており、さらに積まれていた核兵器の爆発により調査に入ったクルーたちが犠牲になる。

その後も旅を続けようとする船の前に謎のダークスターが現れ、クルーたちは眠りに落ちてしまう。やがてダークスターの先に光る惑星が現れ、船は惑星へと降下していく。

キャスト[編集]

  • ズデニェク・シュチェパーネク
  • フランチシェク・スモリーク
  • ダナ・メドジツカー
  • イレナ・カチールコヴァー
  • ラドヴァン・ルカフスキー
  • オットー・ラツコヴィチ
  • ルドルフ・デイル
  • ヤロスラフ・マレシュ
  • オリンカ・ベローワ

脚注[編集]

  1. ^ Ikarie XB-1 - filmovyprehled.cz
  2. ^ “共産主義下のチェコで誕生した傑作SF「イカリエ-XB1」5月19日公開決定!”. 映画.com. (2018年2月11日). http://eiga.com/news/20180211/4/ 2018年2月11日閲覧。 
  3. ^ Cannes Classics 2016”. Cannes Film Festival (2016年4月20日). 2017年2月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月21日閲覧。
  4. ^ Cannes Classics: Restored prints”. festival-cannes.com. 2017年8月4日閲覧。

外部リンク[編集]