イカリイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イカリイン
Icariin.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
法的規制
投与方法 経口
識別
CAS番号
489-32-7 ×
ATCコード none
PubChem CID: 5318997
ChemSpider 4477421 チェック
KEGG C17555
ChEBI CHEBI:78420 ×
ChEMBL CHEMBL553204 チェック
日化辞番号 J15.942E
化学的データ
化学式 C33H40O15
分子量 676.662 g/mol
テンプレートを表示

イカリイン(Icariin)は、フラボノイドの一種であるフラボノール配糖体である。ケンペリド 3,7-ジグルコシドの 8-プレニル誘導体である。ホーニー・ゴート・ウィードとして知られるメギ科イカリソウ属の数種の植物に由来する[1]。これらの植物の抽出物は、媚薬の効果を持つと言われ、勃起機能を高めるための漢方薬として用いられた[2]

出典[編集]

  1. ^ Liu JJ, Li SP, Wang YT (January 2006). “Optimization for quantitative determination of four flavonoids in Epimedium by capillary zone electrophoresis coupled with diode array detection using central composite design”. J Chromatogr A 1103 (2): 344–9. doi:10.1016/j.chroma.2005.11.036. PMID 16337210. 
  2. ^ Makarova MN, Pozharitskaya ON, Shikov AN, Tesakova SV, Makarov VG, Tikhonov VP (December 2007). “Effect of lipid-based suspension of Epimedium koreanum Nakai extract on sexual behavior in rats”. J Ethnopharmacol 114 (3): 412–6. doi:10.1016/j.jep.2007.08.021. PMID 17890032.