イオンモール高崎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イオンモール高崎
ÆON MALL TAKASAKI
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
店舗概要
所在地 370-3521
群馬県高崎市棟高町1400[1]
座標 北緯36度23分29.3秒 東経139度0分22.4秒 / 北緯36.391472度 東経139.006222度 / 36.391472; 139.006222
開業日 2006年平成18年)10月20日[1]
施設所有者 イオンモール株式会社
施設管理者 イオンモール株式会社
敷地面積 122,049[2]
延床面積 99,929[2]
商業施設面積 60,800[2]
中核店舗 イオン高崎店
店舗数 ÆONと170の専門店
営業時間 店舗により異なる
駐車台数 3,700台[1](無料)台
商圏人口 約60万人(約22万世帯、自動車30分圏)[2]
最寄駅 高崎駅(北へ約7km[2]
前橋駅(西へ約6km[2]
最寄IC 前橋IC
外部リンク 公式サイト
Aeonmall store logo.svg

イオンモール高崎(イオンモールたかさき)は、群馬県高崎市棟高町に所在するイオンモール株式会社が運営するモール型ショッピングセンター

店舗概要[編集]

2006年平成18年)10月20日(プレオープンは同年10月17日)に「イオン高崎ショッピングセンター」として、「イオンモール太田」(太田市)に次いでイオンモールが運営する群馬県内2店舗目のSCとして開店した[2]

同年11月17日、オープン1か月を迎え、来店人数100万人突破と報道される(実際に突破したのは2006年11月13日)。この盛況ぶりに高崎市内の大型スーパーなどでは危機感を募らせており、「地元商店街と共同で移動した客層を戻すべき」との意見も出ている。

2007年(平成19年)9月22日に、現行の「イオンモール高崎」へ名称を変更[3]

建物長は340m、商業施設部分の面積は60,800、専門店部分のモール全長は200m、モール部分の吹き抜け高さ21m、1階部分の通路幅は8mである[2]駐車場は店舗敷地の地上部と店舗4階・屋上に設置されており、開業当初は3,300台収容であったが、その後3,700台に増強されている[2][1]

店舗前には群馬県道25号高崎渋川線高渋バイパスが通っており、関越自動車道前橋インターチェンジからも近い。

主なテナント[編集]

2012年6月15日現在[4]

核店舗はイオンリテール株式会社が運営するイオン高崎店である。専門店テナントはおよそ170店舗が出店している。

出店テナント全店の一覧・詳細情報は公式サイト「ショップガイド」を、営業時間およびATMを設置する金融機関の詳細は公式サイト「営業時間・サービス案内」を参照。

イオン高崎店[編集]

開業当初は株式会社マイカルが運営する高崎サティであった[2]。マイカルとしては2001年(平成13年)に経営破綻して以降、新規出店としては3店舗目、イオンモール株式会社運営のSCには初の出店となった[2]2011年(平成23年)3月1日にマイカルはイオンリテールに吸収合併され、現行の名称に変更された[5]

交通アクセス[編集]

高崎駅前橋駅などから当モールまでの路線バス群馬バスにより運行されている。詳細は公式サイト「バスのアクセス」を参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d イオンモール高崎 モール概要 - イオンリテール株式会社
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 10月20日(金)「イオン高崎ショッピングセンター」オープン (PDF) - 株式会社マイカル・イオンモール株式会社 ニュースリリース 2006年9月22日
  3. ^ イオンモールの沿革 - イオンモール株式会社
  4. ^ イオンモール高崎 フロアガイド - イオンモール株式会社
  5. ^ 当社連結子会社間の合併契約締結に関するお知らせ (PDF) - イオン株式会社 ニュースリリース 2010年10月6日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]