イオンモール新発田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イオンモール新発田
ÆON MALL SHIBATA
南側外観
南側外観
店舗概要
所在地 新潟県新発田市住吉町五丁目11番5号
座標 北緯37度56分32.9秒東経139度18分36.2秒座標: 北緯37度56分32.9秒 東経139度18分36.2秒
開業日 2005年平成17年)4月21日(プレオープン)
2005年(平成17年)4月26日(グランドオープン)
施設管理者 イオンリテール株式会社

イオンモール株式会社
敷地面積 60,503 m²
延床面積 58,546 m² (容積率97%)
商業施設面積 44,632 m²
中核店舗 イオン新発田店
店舗数 86店
営業時間 店舗により異なる
駐車台数 1,650台
最寄駅 白新線西新発田駅から徒歩1分
最寄IC 新新バイパス新発田IC
外部リンク 公式サイト
AEON MALL logo.svg
テンプレートを表示

イオンモール新発田(イオンモールしばた)は、新潟県新発田市住吉町に立地し、イオンリテール株式会社が開発、イオンモール株式会社[注 1]が管理・運営するモール型ショッピングセンター

概要[編集]

2005年4月、イオングループとしては新潟県内で初のモール型SCとなる「イオン新発田ショッピングセンター」としてオープン。イオンではかつて新発田市中心部に総合スーパージャスコ新発田店」を出店していたが、業績不振や建物の老朽化などで1996年に閉店しており、新発田市には再進出ということになる。

2011年11月21日、グループ内のモール型SCのブランド名称統一に合わせ、現名称「イオンモール新発田」に改称した。

SCを含む周辺一帯は「西新発田駅前土地区画整理事業」(2000年~2009年)により造成された土地であり[1]、新興住宅地が広がる。

主なテナント[編集]

核店舗のイオン新発田店と約80の専門店テナントで構成されている。

出店テナント全店の一覧・詳細情報や、営業時間およびATMを設置する金融機関の詳細、WAONなどの電子マネー決済に対応していないテナントの一覧などは公式サイトを参照。

交通[編集]

JR西新発田駅前であり、国道460号新発田南バイパス)沿いで国道7号新新バイパス)の新発田インターチェンジからも程近い立地である。かつ中心市街地からも比較的至近である。

公共交通[編集]

自家用車[編集]

  • 国道7号(新新バイパス)新発田ICより、国道460号(新発田南バイパス)経由で約5分。

無料送迎バスとコミュニティバス[編集]

新潟県内のイオン一部店舗では、高齢者など交通弱者の利便性を維持するため無料送迎バスの運行を行っており、当SCでもオープンから2006年10月31日までの間[2]、新発田駅前から市街地を循環してSCに至る無料送迎バスを1日10往復[要出典]運行していた。

新発田市では同年11月1日から前述の「市街地循環バス」を運行することを決定し、イオンはこの事業に協力するため無料送迎バスの運行を終了し、同日から代替策としてバス利用者に対し、新発田市コミュニティバスの回数券を1乗車分サービスしている。[要出典]

なお、循環バスの運行開始当初はSCに近接した停留所が設けられておらず、利用客は西新発田駅北口ロータリーとの間で徒歩連絡を強いられていた。その後2009年4月1日のダイヤ改正によってSC北口にバス停留所が新設され、利便性が改善されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2013年10月31日まではイオンリテール株式会社

出典[編集]

  1. ^ 新発田市立地適正化計画 第1章 - 新発田市.2019年6月1日閲覧。
  2. ^ 無料送迎バス 運行終了のお知らせ - イオン新発田ショッピングセンター - WayBack Machineによるアーカイブ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]