イオンモール山形南

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イオンモール山形南
ÆON MALL YAMAGATA MINAMI
AEON Yamagata South Mall.JPG
イオンモール山形南
店舗概要
所在地 990-2453
山形県山形市若宮三丁目7-8
(吉原土地区画整理事業地内58街区1外)
座標 北緯38度13分35秒 東経140度18分19秒 / 北緯38.22639度 東経140.30528度 / 38.22639; 140.30528座標: 北緯38度13分35秒 東経140度18分19秒 / 北緯38.22639度 東経140.30528度 / 38.22639; 140.30528
開業日 2000年平成12年)11月22日
施設所有者 三菱UFJ信託銀行株式会社[1]
施設管理者 イオンリテール株式会社

イオンモール株式会社
敷地面積 50,108 m²
商業施設面積 27,102 m²
中核店舗 イオン山形南店
店舗数 ÆONと約50の専門店
営業時間 店舗により異なる
駐車台数 約1,500台
商圏人口 約230,000人
最寄駅 山形駅
最寄IC 山形中央IC山形蔵王IC
外部リンク 公式サイト
AEON MALL logo.svg
テンプレートを表示

イオンモール山形南(イオンモールやまがたみなみ)は、山形県山形市に所在しイオンリテール株式会社が開発、イオンモール株式会社が運営[注釈 1]を行っているショッピングセンター

概要[編集]

1994年度から施行が開始された吉原土地区画整理組合による区画整理事業では、山形県や山形市も併せて道路整備に約17億円を支出し整備が進められ[2]、1999年春を目処として、ダイエーが整理地約四万五千ヘクタールを組合から借り受け、山形南店の出店を予定していた。しかし、ダイエーが出店延期を組合に申し入れた為、協議の結果、合意解消に至った[3]

その後、ダイエー出店予定地をイオンが継承する方式で出店を表明。2000年11月22日、ジャスコ山形南店とトイザらス山形店を中核店舗としてイオン山形南ショッピングセンター(SC)が開業した。

同SCの出店が誘因となり近隣にはニトリ山形南店、カワチ薬品山形南店、ケーズデンキ山形本店等量販店の集積が進んだ。なお、イオン山形南SCに先んじて、1997年11月28日には市街地を挟んで反対側となる馬見ヶ崎二丁目にイオン山形北SCがオープンしている。

2011年11月21日にイオンモール山形南に改称。イオン山形南店を核店舗として約50の専門店が並ぶ。

主なテナント[編集]

1階[編集]

2階[編集]

周辺[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2013年10月31日迄はイオンリテール株式会社。

出典[編集]

  1. ^ 平成24年度大規模小売店舗立地法法第6条第2項(変更)届出の概要【2012年10月末】 - 経済産業省 2012年12月11日閲覧
  2. ^ 「山形・吉原にショッピングセンター 中核にジャスコ山形南店 22日開店」『読売新聞』山形版 2000年11月17日
  3. ^ 「出店合意解消の方針 ダイエー山形南店で区画整理組合」『朝日新聞』山形版 1999年3月20日

外部リンク[編集]