イオンモール千葉ニュータウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イオンモール千葉ニュータウン
ÆON MALL CHIBA-NEWTOWN
AEON Mall Chiba Newtown.JPG
地図
店舗概要
所在地 270-1350[1]
千葉県印西市中央北3-2[2]
座標 北緯35度48分7.4秒 東経140度6分44秒 / 北緯35.802056度 東経140.11222度 / 35.802056; 140.11222 (イオンモール千葉ニュータウン)座標: 北緯35度48分7.4秒 東経140度6分44秒 / 北緯35.802056度 東経140.11222度 / 35.802056; 140.11222 (イオンモール千葉ニュータウン)
開業日 2000年平成12年)9月30日[3]
正式名称 イオンモール千葉ニュータウン
施設所有者 千葉ニュータウンセンター[1]
三井住友信託銀行株式会社[4]日本リテールファンド投資法人
施設管理者 イオンモール株式会社
敷地面積 112,805 m²
延床面積 168,730 m² 
商業施設面積 83,168 m²
中核店舗 ジャスコ千葉ニュータウン店[2]

イオン千葉ニュータウン店
店舗数 185
営業時間 店舗により異なる
駐車台数 3,515台[2]
最寄駅 千葉ニュータウン中央駅
最寄IC 千葉北IC
外部リンク イオンモール千葉ニュータウン店
AEON MALL logo.svg
テンプレートを表示
イオンシネマ千葉ニュータウン
ÆON CINEMA CHIBA NEWTOWN
Aeon cinema chiba newtown.jpg
情報
正式名称 イオンシネマ千葉ニュータウン
旧名称 ワーナー・マイカル・シネマズ千葉ニュータウン
完成 2006年
開館 2006年4月21日
収容人員 (8スクリーン)1,868人
客席数 スクリーン1:168
スクリーン2:168
スクリーン3:396
スクリーン4:366
スクリーン5:207
スクリーン6:237
スクリーン7:158
スクリーン8:168
設備 5.1chデジタルサウンドDLP
用途 映画上映
運営 イオンエンターテイメント
所在地 イオンモール千葉ニュータウン3階
アクセス 本文参照
外部リンク イオンシネマ千葉ニュータウン
特記事項 スクリーン3は通常席345席、プレミアシート51席。
スクリーン1・4・5は3D対応。
テンプレートを表示

イオンモール千葉ニュータウン(イオンモールちばニュータウン ÆON MALL CHIBA NEWTOWN)は、千葉県印西市中央北三丁目に所在するイオンモール株式会社運営のモール型ショッピングセンターである。

概要[編集]

2000年(平成12年)9月30日に総合スーパージャスコ千葉ニュータウン店」が開業したのが始まりである[3]

2006年(平成18年)4月21日に隣接地に大規模な増床を行い、「イオン千葉ニュータウンショッピングセンター」として新装開業した[5]

大規模な改装を行い、2007年(平成19年)11月23日に新装開業した[6]

沿革[編集]

  • 2000年(平成12年)9月30日 - ジャスコ千葉ニュータウン店(現 イオン千葉ニュータウン店)開業。
  • 2006年(平成18年
    • 3月26日 - 「イオンふるさとの森づくり」植樹祭を開催。苗木約3,000本を植樹。
    • 4月21日 - 西側隣接地に大規模な増床を実施し、イオン千葉ニュータウンショッピングセンターとして開業。[7]
  • 2007年(平成19年
    • 9月22日 - ダイヤモンドシティ合併に伴い、「イオンモール千葉ニュータウン」に改称。
    • 11月23日 - 南側隣接地にエンジョイライフ棟の増床を実施し、リニューアルオープン。[8]
  • 2011年(平成23年)3月1日 - イオングループ総合スーパーの店名統一に伴い、核店舗の名称を「イオン千葉ニュータウン店」に変更。[9]
  • 2013年(平成25年)7月1日 - シネマコンプレックス「ワーナー・マイカル・シネマズ」の運営会社 ワーナー・マイカルが、イオンシネマズと合併してイオンエンターテイメントとなるのに伴い、名称を「イオンシネマ」に変更。[10]
  • 2015年(平成27年)10月9日 - 専門店69店と館内施設等の刷新を行い、リニューアルオープン。[11]

主なテナント[編集]

核店舗は、イオン千葉ニュータウン店である(2006年以前は単独店舗だったためその名残で棟として独立している)。イオン千葉ニュータウン店と少々の専門店が入居するイオン棟、飲食店を含めた専門店が入るモール棟、イオンシネマや朝日スポーツクラブが入居するシネマ・スポーツ棟ドン・キホーテダイソーが入居するエンジョイライフ棟の計4棟で構成され、2012年7月時点での専門店数は185店。

出店している専門店全店の一覧・詳細情報は公式サイト「ショップリスト」を参照。

営業時間[編集]

名称 営業時間 備考
専門店街 10:00~21:00
レストラン街 10:00~22:00
イオン 9:00~22:00 食品売場は8時開店、イオン棟専門店街は各店舗による
イオンシネマ 9:00~24:00
朝日スポーツクラブ 10:00~23:00 土曜日は22時 日祝日は19時まで、5,15,25日は休館
ドン・キホーテ 10:00~24:00

詳細情報は公式サイト「営業時間・サービス案内」を参照。

建物概要[編集]

  • SC運営管理 イオンモール株式会社
  • 敷地面積 92,333m²
  • 建築面積 54,891m²
  • 建物延床面積 155,937m²
  • 建物構造
    • イオン棟 鉄骨造地下1階地上5階建一部塔屋
    • モール棟 鉄骨造地下1階地上4階建一部塔屋
    • シネマ・スポーツ棟 鉄骨造地上4階建一部塔屋
  • 駐車台数 3,515台
  • 建築設計・施工 株式会社竹中工務店
  • ディベロッパー投資額 140億円(イオンモール投資額)

ハートビル法認定店舗。

交通アクセス[編集]

自動車

鉄道

バス

  • 印西市コミュニティバス(ふれあいバス)は、以下の3路線からアクセス可能である。いずれも、「千葉ニュータウン中央北」停留所が最寄りである。
印西市コミュニティバス(ふれあいバス)
ルート名 起点 主な経由地 終点
布佐ルート 印西市役所 JR布佐駅 千葉ニュータウン中央駅北口
南ルート 印西牧の原駅南口 千葉ニュータウン中央駅北口 印西牧の原駅南口
西ルート 印西市役所 JR木下駅・千葉ニュータウン中央駅北口 印西市役所
  • 白井市循環バス(ナッシー号)は、以下の1路線からアクセス可能である。最寄りは、「桜台一本桜公園」停留所である。
白井市循環バス(ナッシー号)
ルート名 起点 主な経由地 終点
東ルート 白井市役所 白井車庫・千葉ニュータウン中央駅北口 白井市役所

詳細は公式サイト「車のアクセス」「電車・バスのアクセス」を参照。

近隣施設[編集]

行政・公共施設[編集]

教育施設[編集]

郵便局・金融機関[編集]

企業[編集]

商業施設[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『週刊東洋経済 臨時増刊 全国大型小売店総覧 2009年版』 東洋経済新報社、2009年。
  2. ^ a b c “オープン情報=イオン「ジャスコ千葉ニュータウン店」”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2006年4月5日)
  3. ^ a b “オープン情報=ジャスコ”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2000年9月22日)
  4. ^ 平成14年度大規模小売店舗立地法法附則第5条(変更)届出の概要 2013年1月5日閲覧
  5. ^ “イオン千葉ニュータウンSC 4月21日(金)オープン 千葉県印西市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2006年4月24日)
  6. ^ “イオンモール、既存SCを活性化 競争力回復目指す”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2007年11月28日)
  7. ^ -北総エリア最大級のショッピングセンターが誕生- 4月21日(金)「イオン千葉ニュータウンショッピングセンター」オープン”. 20200330閲覧。
  8. ^ イオンモール千葉ニュータウン「エンジョイライフ棟」 11月23日(金・祝)10:00 グランドオープン”. イオンモール株式会社. 20200330閲覧。
  9. ^ “総合スーパー名「イオン」に統一、ジャスコ、サティの屋号消滅”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2011年3月2日)
  10. ^ “イオン、「ワーナー・マイカル・シネマズ」の劇場名を「イオンシネマ」に変更”. 日刊工業新聞(日刊工業新聞社). (2013年6月12日)
  11. ^ ~「"家族の憩い"と”地域の集い”の場」~ 「イオンモール千葉ニュータウン」10月9日(金)10:00 リニューアルグランドオープン”. イオンモール株式会社. 20200330閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]