イオンタウン周南

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イオンタウン周南
ÆON TOWN SHŪNAN
LOC TOWN Syunan west court entrance.jpg
イオンタウン周南(看板改装前)
店舗概要
所在地 746-0025
山口県周南市古市1丁目4番1号
座標 北緯34度4分9.5秒 東経131度45分33秒 / 北緯34.069306度 東経131.75917度 / 34.069306; 131.75917座標: 北緯34度4分9.5秒 東経131度45分33秒 / 北緯34.069306度 東経131.75917度 / 34.069306; 131.75917
開業日 2008年6月5日
施設管理者 イオンタウン株式会社
敷地面積 110,345 m²
延床面積 36,978 m² 
商業施設面積 24,823 m²
中核店舗 ザ・ビッグ周南店
店舗数 ザ・ビッグと約30の専門店
営業時間 ザ・ビッグ/9:00 - 22:00
その他/10:00 - 21:00
(一部店舗で異なる店舗あり)
駐車台数 2,088台
前身 キリンビール富田製壜工場

ロックタウン周南
商圏人口 約25万人
最寄駅 新南陽駅
最寄IC 山陽自動車道 徳山東IC徳山西IC
外部リンク イオンタウン周南
ÆON TOWN
テンプレートを表示

イオンタウン周南(イオンタウンしゅうなん)は、山口県周南市古市にあるショッピングセンターである。

概要[編集]

山口県道172号徳山新南陽線産業道路)沿線のキリンビール富田製壜工場[1]跡地に、当時のロック開発により2008年(平成20年)6月5日ロックタウン周南としてオープンした。のちにロック開発のイオンタウンへの商号変更に伴いイオンタウン周南に改称した。

本商業施設の開発計画にあたって、建設地にあたる旧新南陽市域の新南陽商工会議所は計画に対して静観する一方、旧徳山市域の徳山商工会議所は中心市街地の衰退に拍車をかけるとして建設に反対する活動を行っていた。大規模小売店舗立地法に基づく当初の届け出[2]によれば、店舗面積は27,000m2、約1,800台分の駐車場を備える予定とされていたが、施設管理者の店舗オープン時のニュースリリース[3]によると、店舗面積が24,823m2、駐車場が2,088台とされており、規模が変更されたことがうかがえる。

周南市内のイオンタウンは、2016年(平成28年)11月23日イオンタウン周南久米がオープンし、2店舗体制となった。

沿革[編集]

  • 2008年(平成20年)6月5日 - ロックタウン周南として開業。
  • 2011年(平成23年)9月1日 - イオンタウン周南に改称。
  • 2013年(平成25年)4月1日 - 防長交通の路線バスが就航。
  • 2013年(平成25年)12月27日 - 第2駐車場敷地内にマルハン周南店がオープン。
    • 単独出店という扱いになっており、本施設のテナントではない。
  • 2015年(平成27年)5月31日 - ヤマダ電機テックランド新南陽店が閉店。
  • 2017年(平成29年)10月20日 - ヤマダ電機がテックランド新南陽店跡に新業態(家電住まいる館YAMADA新南陽店)で再出店。
  • 2019年(平成31年)1月6日 - ビバーチ周南店が閉店。

主なテナント[編集]

交通アクセス[編集]

自動車[編集]

公共交通機関[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ キリンビール広島工場(現・キリンビアパーク広島)操業に合わせて1938年(昭和13年)操業開始。1992年に子会社に移管されKYC富田工場となった後に2002年(平成14年)8月末操業終了。醸造工場とは別の場所に製瓶工場を建設したのは、原料の硅砂を運ぶ船舶用の岸壁が必要であったためとされている。
  2. ^ 山口県商政課内「大規模小売店舗立地法に基づく新設・変更等の届出実績」による
  3. ^ 「ロックタウン周南」の開店について(2008年5月20日発表) (PDF) Icons-mini-file acrobat.gif

外部リンク[編集]