イオンスーパーセンター横手南店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イオンスーパーセンター横手南店
ÆON SUPER CENTER
YOKOTE-MINAMI
AEON SUPER CENTER-YOKOTE.jpg
店舗概要
所在地 013-0063
秋田県横手市大字婦気大堤字中田4番1号
座標 北緯39度17分41秒東経140度33分8.2秒座標: 北緯39度17分41秒 東経140度33分8.2秒
開業日 2004年(平成16年)3月21日[2]
正式名称 新横手ショッピングセンター[1]
施設所有者 イオン株式会社

イオンリテール株式会社[1]
施設管理者 イオンリテール株式会社
イオンスーパーセンター株式会社
敷地面積 68,185[要出典]
商業施設面積 20,314[要出典]
営業時間 9:00-22:00
(専門店街は、最長9:00-21:00)
駐車台数 1,610台
前身 ジャスコ横手南店
1998年(平成10年)10月28日開店[3]
商圏人口 約123,000人
最寄駅 奥羽本線/北上線:横手駅
最寄IC 秋田自動車道:横手IC
外部リンク 公式サイト
AON SuperCenter
テンプレートを表示

イオンスーパーセンター横手南店(イオンスーパーセンターよこてみなみてん)は、秋田県横手市大字婦気大堤にあるイオンスーパーセンターが運営をしているショッピングセンター

概要[編集]

横手駅前にあった「羽後交通ビル」の核店舗として営業していた「ジャスコ横手店」が、ジャスコとして思った通りの売場作りができないことや駐車場の問題などから、ジャスコ(現:イオン)が新たな出店場所として横手市大字婦気大堤の農地に出店を表明。しかし、隣接する農地に当時競合関係にあったマイカル東北も出店を表明し、ジャスコとマイカル東北にて激しい地権者争奪戦となった。

1997年4月25日にマイカル東北が横手サティ(現:イオン横手店)をオープン[4]。 約1年遅れて、翌年10月にジャスコ横手南店を核店舗とする「新横手ショッピングセンター」もオープンした[3]。ジャスコとサティが隣接する全国でも唯一の店舗として、また、激しい両社の地権者争奪戦のため、ジャスコ側にマイカル東北の取得した土地が点在する異例な状態でのオープンとなった。

ジャスコは、サティとの差別化を図るため食品売場、特に水産に力を入れ、秋田県内でのジャスコでは初となる水産売場での対面販売を実施するとともに、オープン1年間は商品部水産担当従業員が常駐し、秋田県内の卸売業者からの仕入れだけではなく、岩手県からの水産商品のルート確立などを図った。

2001年9月にマイカルが経営破綻し、マイカル東北が運営していた優良店舗は経営破綻直前にマイカルに移管された際にも、横手サティは移管されなかった[5]。マイカルはイオンの支援によって経営再建が図られ、イオングループ入りしたことから、同じグループ内のジャスコとサティが隣接して立地し、競合していたため、横手サティは食品売場を廃止した上で、マイカルが得意としていた衣料品と子供用品に特化した売り場構成に転換することで棲み分けて共存することになり、2004年3月21日にジャスコ横手南店は総合スーパー業態から食品や住居用品を主体とするスーパーセンター業態へと転換。店名を「イオンスーパーセンター横手南店」に改め、新装開店[2]。直営売場は1階に集約、2階は全て専門店とし、ファッション関連の専門店も出店している[6]。秋田県内および東北地方のイオンスーパーセンターとしては五城目店に次いで2店舗目、イオン株式会社運営のスーパーセンター業態としては4店舗目であった[6]

2005年11月にイオンスーパーセンター株式会社発足に伴い、店舗はイオン株式会社から同社に移管された。

ジャスコ横手店[編集]

MaxValuのマークのあるビルが旧羽後交通ビル

1977年にジャスコと羽後交通は、同社が本社跡地に建設した5階建てのテナントビルである「羽後交通ビル」と20年間の賃貸契約を結び、同ビルの核店舗としてジャスコ横手店が開業した。その後、1993年6月にジャスコが横手インターチェンジ付近に新設するショッピングセンターの計画書を横手商工会議所に提出し、羽後交通との賃貸契約が終了する1997年に同ビルからジャスコ横手店を撤退する意向を示した[7]

しかし、横手市や消費者団体等の要請を受け、1998年10月のジャスコ横手南店オープン後も、ジャスコ横手店は売り場面積を3階部分まで減らし営業は継続した。同店は2001年8月20日をもって閉店したが、イオンはグループ企業のマックスバリュ東北が同ビル1階部分に出店することによって、営業は継承することとし、同年8月29日に「マックスバリュ横手駅前店」が開業した[8][9]

全国的な例にもれず横手駅前においても空き店舗や空きビルが目立ってきたことから、活性化策として再開発計画が策定され、その中核となる横手駅東口第一地区第一種市街地再開発事業の推進に伴い、新築移転した平鹿総合病院跡地と羽後交通ビルなどは解体が決定したため、2005年12月に「マックスバリュ横手駅前店」は閉店した。

再開発区域はよこてイーストと名付けられ、3階建ての介護付き有料老人ホーム、11階建ての分譲マンション、横手バスターミナル、公共施設、商業施設、北都銀行横手駅前支店等が整備された[10]

ジャスコ横手店は、全国のジャスコで初めて「お客様承りカード」を公開した店舗である。また、横手市はジャスコ株式会社秋田事業部が最初に置かれた地であり、マックスバリュ東北の前身の一社である羽後ショッピングや羽後ジャスコの本社の所在地でもあった。

沿革[編集]

  • 1998年(平成10年)
    • 10月11日 - 「イオン ふるさとの森づくり」植樹祭を開催。
    • 10月28日 - 「ジャスコ横手南店」を核店舗とする「新横手ショッピングセンター」としてオープン[3]
  • 2004年(平成16年)3月21日 - 「ジャスコ横手南店」から「イオンスーパーセンター横手南店」へ業態転換[2]。「横手サティ」との間にシャトルバスの運行を開始。
  • 2005年(平成17年)11月21日 - イオン株式会社からイオンスーパーセンター株式会社に移管。
  • 2006年(平成18年)10月2日 - 食品売場の24時間営業終了。
  • 2008年(平成20年)12月27日 - イオンスーパーセンターと横手市の間で「災害時における防災活動及び平常時における防災活動への協力に関する協定」を締結。

テナント[編集]

テナントは公式サイトを参照。

アクセス[編集]

バス

隣接連携店舗[編集]

  • イオン横手店 - 旧:横手サティ、200mの距離で隣接。イオンSuCでは取り扱いが縮小されている衣料品や子供用品などを扱っている(相互にシャトルバスを運行している)。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ イオン横手店と当店の間を通る市道上に停留所が設けられている。

出典[編集]

  1. ^ a b 大規模小売店舗立地法届出状況一覧(店舗別) - 横手市公式ウェブサイト、2015年11月25日閲覧。
  2. ^ a b c “イオン、横手でジャスコとサティを同時改装 SuCとサティで相乗効果”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2004年3月31日)
  3. ^ a b c “ジャスコ「新横手SC」開店、食品売場は最大級”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1998年11月9日)
  4. ^ 都道府県別・政令指定都市別・市町村別SC (Report). 日本ショッピングセンター協会. (2012年1月)
  5. ^ “マイカル東北が再生法を申請”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2001年9月24日)
  6. ^ a b 公式サイト(独自サイト)- 店舗概要
  7. ^ 『横手市史 通史編 近現代』p.671
  8. ^ 「旧ジャスコ横手店1階にマックスバリュ開店 2階以上は空き店舗に」『読売新聞秋田版』2001年8月31日
  9. ^ “ジャスコ横手店(横手市)8月撤退決まる 秋田県横手市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2001年6月21日)
  10. ^ 「まちなか再生 アクセス抜群の駅前再開発で市内初の介護付ホーム・分譲マンション誕生--よこてイースト(秋田県横手市) 」『シニアビジネスマーケット』2010年12月号
  11. ^ 横手駅前〜イオン前〜秋田ふるさと村 (PDF)”. 羽後交通株式会社. 2011年6月24日閲覧。

参考文献[編集]

  • 横手市編 『横手市史 通史編 近現代』 横手市、2011年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]