イオランダ・マルゲリータ・ディ・サヴォイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イオランダ・マルゲリータ・ディ・サヴォイア
Iolanda Margherita di Savoia
Princess Yolanda of Italy.jpg
少女時代のイオランダ王女
出生 (1901-06-01) 1901年6月1日
イタリア王国の旗 イタリア王国ローマ
死去 (1986-10-16) 1986年10月16日(85歳没)
イタリアの旗 イタリアローマ
埋葬  
イタリアの旗 イタリアトリノ
配偶者 ジョルジョ・カルロ・カルヴィ・ディ・ベルゴーロ伯爵
子女 一覧参照
父親 イタリアヴィットーリオ・エマヌエーレ3世
母親 エレナ・デル・モンテネグロ
テンプレートを表示

イオランダヨランダ・マルゲリータ・ディ・サヴォイアイタリア語: Iolanda Margherita di Savoia, 1901年6月1日 - 1986年10月16日)は、イタリア王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世とその王妃でモンテネグロ王ニコラ1世の娘であるエレナの間の長女。全名はイオランダ・マルゲリータ・ミレーナ・エリザベッタ・ロマーナ・マリーア・ディ・サヴォイア(Iolanda Margherita Milena Elisabetta Romana Maria di Savoia)。

生涯[編集]

イオランダは水泳や乗馬を好むスポーツ好きで活発な王女だった。1923年4月9日にクイリナーレ宮殿において、陸軍軍人のジョルジョ・カルロ・カルヴィ・ディ・ベルゴーロ伯爵(Giorgio Carlo Calvi di Bergolo, 1887年 - 1977年)と結婚し、トリノ南西のピネローロに居を構えた。1946年に国民投票によってイタリアの王制が廃止されると、イオランダは家族とともに両親の亡命先であるエジプトアレクサンドリアに避難した。翌1947年に父王が亡くなると、帰国してカステルポルツィアーノで暮らした。1986年にローマの病院で死去し、トリノに葬られた。

エミリア=ロマーニャ州フェラーラ県には、イオランダの名を冠した都市ヨランダ・ディ・サヴォーイアが存在する。

子女[編集]

  • マリーア・ルドヴィーカ・カルヴィ・ディ・ベルゴーロ(1924年 - ) - 1949年、Robert Gascheと結婚(1971年離婚)。
  • ジョルジョ・カルヴィ・ディ・ベルゴーロ(1925年)
  • ヴィットーリア・フランチェスカ・カルヴィ・ディ・ベルゴーロ(1927年 - 1985年) - 1947年、グリエルモ・グアリエンティ・ディ・ブレンゾーネ伯爵と結婚。
  • グージャ・アンナ・カルヴィ・ディ・ベルゴーロ(1930年 - ) - 1951年、カルロ・グアリエンティと結婚。
  • ピエル・フランチェスコ・カルヴィ・ディ・ベルゴーロ(1933年 - ) - 1958年、女優マリサ・アラシオと結婚。