イオノフォア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キャリアおよびチャネルイオノフォア(a)キャリアイオノフォアは、イオンを可逆的に結合し、細胞膜を介して運ぶ。(b)チャネルイオノフォアは、イオンの輸送を促進するために細胞膜内にチャネルを作成。

イオノフォア(ionophore, ギリシャイオンフォア、「イオンキャリア」から)は、生体膜において、特定のイオンの透過性を増加させる能力を持つ脂溶性分子の総称であり、主に細菌によって生産される抗生物質である[1]

作用様式により2種類に分類することができる。

  • キャリアーイオノフォア - 特定のイオンと結合し、生体膜を通過することでイオンを通過させるもの。
  • チャネル形成イオノフォア - 生体膜を貫通するチャネルを形成することで、チャネル内にイオンを通過させるもの。

生体膜を隔てたイオンの濃度勾配は生体を維持するうえで重要なものであるため、イオノフォアは生体に対して毒物となる。

分類[編集]

キャリアーイオノフォア
モネンシンAとナトリウムの複合体の構造
18-クラウン-6とカリウムの複合体の構造

主なイオノフォア[編集]

合成イオノフォア[編集]

作用機序[編集]

化学[編集]

生物学的特性[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Bakker E1, Bühlmann P, Pretsch E. (1997). “Carrier-Based Ion-Selective Electrodes and Bulk Optodes. 1. General Characteristics”. Chem. Rev. 97 (8): 3083–3132. doi:10.1021/cr940394a. PMID 11851486. 

 

外部リンク[編集]