イオニア諸島合衆国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
イオニア諸島合衆国
Ἡνωμένον Κράτος τῶν Ἰονίων Νήσων
Stati Uniti delle Isole Ionie
イオニア七島連邦国 1815年 - 1864年 ギリシャ王国
イオニア諸島合衆国の国旗 イオニア諸島合衆国の国章
(国旗) (国章)

イオニア諸島合衆国の位置
イオニア諸島合衆国の位置

公用語 ギリシャ語イタリア語
首都 コルフ
元首等

xxxx年 - xxxx年 不明

面積

1864年2,659km²
人口
1864年236,000人

変遷

ウィーン体制下で調印 1815年6月9日
ギリシャ王国へ譲渡1864年5月28日
通貨オボロース、レプトン
現在ギリシャの旗 ギリシャ

イオニア諸島合衆国: Ἡνωμένον Κράτος τῶν Ἰονίων Νήσων (Inoménon-Krátos ton Ioníon Níson) 、: United State of the Ionian Islands: Stati Uniti delle Isole Ionie )は、 19世紀南欧に存在していた、イギリス保護国。現在のギリシャ共和国イオニア諸島の領域で構成されていた。

ウィーン会議での合意によって成立した領域で、1864年イギリスからギリシャ王国に譲渡された。

成立まで[編集]

フランス革命戦争前、イオニア諸島はヴェネツィア共和国の一部であった。1797年カンポフォルミオ条約による政体の崩壊によって、 1798年から1799年までフランスに併合された。その後、オスマン帝国とロシア帝国によって占拠され、イオニア七島連邦国が設立された。これにより、1800年から1807年までオスマン帝国とロシア帝国の名目上の宗主権下で、ギリシャ人は独立した政治を運営した。

イオニア諸島はティルジット条約の後にフランス人により占拠された。1809年、イギリスは、10月2日にザキントス島のフランス側守備隊を破り、1810年レフカダを取った。コルフは1814年までフランスにより占められ続けた。

ウィーン会議は、イオニア諸島をイギリスの保護下に置くことに合意した。イオニア諸島は英国軍管理下であったが、オーストリア帝国も同地域における商業的な保障を得た。7島の同盟を作成した1817年8月26日に、最初の「イオニア諸島の英国国王名代」のトーマス・メートランド卿の「メートランド律令」の批准によって、イオニア諸島合衆国の法的地位が形式化された。

ギリシャ王国への併合[編集]

1864年3月29日、イギリス、ギリシャ、フランス及びロシアの担当者は、ロンドン条約の批准においてギリシャへの主権の移譲を誓約してサインした。イオニア諸島は、英国国王名代の宣言により、5月28日にギリシャ王国に併合された。

イオニア合衆国政府は、英国政府の推挙により英国国王から任命された国王名代の下で組織された。英国国王名代として ウィリアム・グラッドストンを含む10人が勤務した。また、イオニア諸島は上下両院制の立法機関として、『イオニア合衆国の議会』という立法議会を持っていた。

人物[編集]

  • 小泉八雲(ラフカディオ・ハーン) - 1850年、レフカダ島生まれ。当地駐在のイギリス軍医と、地元のギリシャ人女性との子である。