イエロー・サブマリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イエロー・サブマリン
ビートルズサウンドトラック
リリース
録音 1966年5月26日 - 1968年2月11日(A面)
1968年10月22日 - 23日(B面)
ジャンル サイケデリック・ロック
オーケストラ
時間
レーベル Apple SW 153 (US)
Apple PMC7070(mono)
     PCS 7070(stereo)(UK)
プロデュース ジョージ・マーティン
専門評論家によるレビュー
  • All Music Guide 3of5.svg link
チャート最高順位
  • 3位(Official Charts Company[1]
  • 2位(Billboard 200[2]
  • 11位(オリコン1987年盤)
  • ビートルズ 年表
    ザ・ビートルズ
    (1968年)
    イエロー・サブマリン
    (1969年)
    アビイ・ロード
    (1969年)
    テンプレートを表示

    『イエロー・サブマリン』 ("Yellow Submarine") は、イギリスにおいて1969年1月17日に発売されたビートルズの11作目[注釈 1]のオリジナル・アルバムであり、アニメ映画『イエロー・サブマリン』のサウンドトラック・アルバムでもある。

    概要[編集]

    アルバム『イエロー・サブマリン』は、ユナイテッド・アーティスツとの「アニメ映画のサウンドトラックとして新曲を提供する」という契約上の義務から生まれました[3]。しかし、時期的にアップルの設立と重なり、充分な意欲と期間をそそぐことが出来なかったことから、A面にビートルズの楽曲6曲、B面にジョージ・マーティンが作曲した映画のサウンドトラック7曲という変則的な形式となった。

    なお、本作はビートルズの活動中のスタジオ・アルバムでは唯一全英・全米ともに1位にならなかった作品である。イギリスの「ミュージック・ウィーク」誌では、最高位第3位、「キャッシュボックス」誌では、最高位第3位[1]、1969年度年間ランキング第50位だった。それでも「ビルボード」誌では、最高位第2位[2]、1969年度年間ランキングは第57位、100万枚以上のセールスを記録している。

    A面[編集]

    ※楽曲の詳細は各項目を参照

    A面にはビートルズの楽曲が収録された。6曲のうち4曲は『マジカル・ミステリー・ツアー』セッションのアウトテイクや急遽作られた新曲となっている。残りの「イエロー・サブマリン」は1966年、「愛こそはすべて」は1967年にシングルとして既にリリースされていた。

    ジョージ・ハリスンは収録された新曲4曲のうち2曲が自身の作品であるにも関わらず、このアルバムを「ビートルズ史上このアルバムほど出来の悪いアルバムはないね」と酷評している。

    B面[編集]

    B面にはジョージ・マーティンによって作曲されたオーケストラの楽曲を、改めてレコーディングしたものが収録されている。レコーディングは、1968年10月22日10月23日アビー・ロード・スタジオにて、41人編成のオーケストラによって行なわれ、11月22日にLPの収録時間に最適となるように編集が加えられた[4]

    収録曲は、ビートルズ中期のジョージ・ハリスンの作品を思わせるインド音楽調の「シー・オブ・タイム」、タイトル・トラックのリプライズ「イエロー・サブマリン・イン・ペパーランド」など、ビートルズの過去の作品を参考にしたオーケストラ・アレンジが取り入れられている[5]。また、「シー・オブ・モンスターズ」では、ヨハン・ゼバスティアン・バッハ作曲の「G線上のアリア」の冒頭が加えられているほか、イーゴリ・ストラヴィンスキーのパロディ的要素が含まれている[6]

    リリース[編集]

    1968年9月にリリースする計画もあったという[7]。内容は、A面に「オンリー・ア・ノーザン・ソング」と「ヘイ・ブルドッグ」に加えて新録音の「アクロス・ザ・ユニバース」の3曲、B面に「オール・トゥゲザー・ナウ」と「イッツ・オール・トゥー・マッチ」の2曲を収録したものだった[4]。1969年3月にはモノのマスター・テープが作成されたが、最終的にこのEPが発売されることはなかった[4]

    当時の英国盤にはモノラル盤とステレオ盤の2種類(当時の英国盤レコード番号:Apple PMC7070(モノラル盤)/PCS7070(ステレオ盤))があり、モノラル盤が発売された最後の作品であるが、モノラル盤はステレオ・マスターをそのままモノラル化しただけのものである[注釈 2]。なお、ステレオ盤に収録されている「オンリー・ア・ノーザン・ソング」はいわゆる疑似ステレオであり、リアル・ステレオ・ヴァージョンは『イエロー・サブマリン 〜ソングトラック〜』で初めてリリースされている。2009年9月9日に発売されたリマスター盤では、同曲のみ従来の疑似ステレオではなくモノラル・ヴァージョンで収録されている。

    これまで未CD化だった新曲4曲のうち「オンリー・ア・ノーザン・ソング」以外の3曲は、モノラル・ヴァージョンは、2009年9月9日に発売されたモノラル・ボックスの1枚『MONO MASTERS』にて初CD化された[8][9]

    アートワーク[編集]

    アートワークは、映画のアート・ディレクターであるハインツ・エーデルマン英語版が手がけたポスターのイラストが流用された。なお、イギリス盤のジャケットにのみ、アルバム名の下に"NOTHING IS REAL"(「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」からの引用)と記されている[10]

    バック・カバーは大幅に異なり、イギリス盤は、トニー・パーマー英語版による『ザ・ビートルズ (ホワイト・アルバム)』のレビューが[11]デレク・テイラーによる序文が加えられた形で掲載されていて、アメリカ盤では、ダン・デイヴィスによる映画の内容を基にした伝記が掲載された[12][13]

    リミックス[編集]

    1999年には映画の中で使用されたビートルズの曲だけを収録し、リミックスを施したアルバム『イエロー・サブマリン 〜ソングトラック〜』が発売されている。

    収録曲[編集]

    アナログA面(演奏:ビートルズ)
    全作詞・作曲: レノン=マッカートニー(特記を除く)。
    #タイトル作詞作曲・編曲リード・ボーカル時間
    1.イエロー・サブマリン
    Yellow Submarine
    レノン=マッカートニー(特記を除く)レノン=マッカートニー(特記を除く)リンゴ・スター
    2.オンリー・ア・ノーザン・ソング
    Only a Northern Song(ジョージ・ハリスン)
    レノン=マッカートニー(特記を除く)レノン=マッカートニー(特記を除く)ジョージ・ハリスン
    3.オール・トゥゲザー・ナウ
    All Together Now
    レノン=マッカートニー(特記を除く)レノン=マッカートニー(特記を除く)ポール・マッカートニー
    ジョン・レノン(一部)
    4.ヘイ・ブルドッグ
    Hey Bulldog
    レノン=マッカートニー(特記を除く)レノン=マッカートニー(特記を除く)ジョン・レノン
    5.イッツ・オール・トゥ・マッチ
    It's All Too Much(ジョージ・ハリスン)
    レノン=マッカートニー(特記を除く)レノン=マッカートニー(特記を除く)ジョージ・ハリスン
    6.愛こそはすべて(オール・ユー・ニード・イズ・ラヴ)
    All You Need Is Love
    レノン=マッカートニー(特記を除く)レノン=マッカートニー(特記を除く)ジョン・レノン
    合計時間:
    アナログB面(演奏:ジョージ・マーティン・オーケストラ
    全作詞・作曲: ジョージ・マーティン(特記を除く)。
    #タイトル作詞作曲・編曲時間
    1.ペパーランド
    Pepperland
    ジョージ・マーティン(特記を除く)ジョージ・マーティン(特記を除く)
    2.シー・オブ・タイム
    Sea of Time
    ジョージ・マーティン(特記を除く)ジョージ・マーティン(特記を除く)
    3.シー・オブ・ホールズ
    Sea of Holes
    ジョージ・マーティン(特記を除く)ジョージ・マーティン(特記を除く)
    4.シー・オブ・モンスターズ
    Sea of Monsters
    ジョージ・マーティン(特記を除く)ジョージ・マーティン(特記を除く)
    5.マーチ・オブ・ミーニーズ
    March of the Meanies
    ジョージ・マーティン(特記を除く)ジョージ・マーティン(特記を除く)
    6.ペパーランド・レイド・ウエイスト
    Pepperland Laid Waste
    ジョージ・マーティン(特記を除く)ジョージ・マーティン(特記を除く)
    7.イエロー・サブマリン・イン・ペパーランド
    Yellow Submarine in Pepperland(レノン=マッカートニー 編曲:ジョージ・マーティン)
    ジョージ・マーティン(特記を除く)ジョージ・マーティン(特記を除く)
    合計時間:

    脚注[編集]

    注釈[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ 1987年のCD化においてイギリス盤公式オリジナル・アルバムと同等の扱いを受けたアメリカ・キャピトルレコード編集アルバムの『マジカル・ミステリー・ツアー』が、2009年9月9日にリリースされたデジタル・リマスター盤において発売日順に従い9作目に順番付けられた。これにより1順番押し出されて現在11作目とされている。しかし、イギリス盤公式オリジナル・アルバムとしては10作目である。
    2. ^ したがって本作モノラル盤収録の「イエロー・サブマリン」と「リボルバー」オリジナル・モノラル盤収録のものはミキシングが微妙に異なっている。 また、本作モノラル盤収録の「愛こそはすべて」もシングル盤のものはミキシングが微妙に異なっている(アルバム『イエロー・サブマリン』の演奏時間は3分48秒であるのに対し、シングル盤のヴァージョンは3分57秒である。)。

    出典[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ a b The Beatles – Full official Chart History”. Official Charts. 2019年2月17日閲覧。
    2. ^ a b The Beatles – Chart history”. Billboard. 2019年2月17日閲覧。
    3. ^ Hertsgaard, Mark (1996). A Day in the Life: The Music and Artistry of the Beatles. London: Pan Books. p. 223–24, 228. ISBN 0-330-33891-9. 
    4. ^ a b c Lewisohn, Mark (1996). The Complete Beatles Chronicle. Chancellor Press. p. 164. ISBN 0-7607-0327-2. 
    5. ^ MacDonald, Ian (1997). Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties (First revised ed.). Pimlico. p. 330. ISBN 978-0-7126-6697-8. 
    6. ^ Doggett, Peter (2003). “Yellow Submarine: Underwater Treasure”. Mojo Special Limited Edition: 1000 Days of Revolution (The Beatles' Final Years – Jan 1, 1968 to Sept 27, 1970). London: EMAP. p. 78. 
    7. ^ Everett, Walter (1999). The Beatles as Musicians: Revolver Through the Anthology. Oxford University Press. p. 161. ISBN 978-0-19-512941-0. 
    8. ^ Mono Masters – The Beatles”. AllMusic. 2014年7月26日閲覧。
    9. ^ Kozinn, Allan (2009年9月2日). “Long and Winding Road, Newly Repaved”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2009/09/06/arts/music/06alla.html?pagewanted=all 2018年11月4日閲覧。 
    10. ^ Guerin, Christopher (2009年11月11日). “Nothing is Real: The Beatles 'Yellow Submarine'”. PopMatters. 2019年2月17日閲覧。
    11. ^ Inglis, Ian (2009). “Revolution”. In Womack, Kenneth. The Cambridge Companion to the Beatles. Cambridge, UK: Cambridge University Press. p. 114. ISBN 978-0-521-68976-2. 
    12. ^ Yellow Submarine. Capitol. 1969. SW-153.
    13. ^ Dan Davis”. AllMusic. 2019年2月17日閲覧。

    関連項目[編集]

    外部リンク[編集]