イエローバッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ナチス時代のバッジ「このサインを着ている者は国民の敵である」[1]

イエローバッジ英語:Yellow badge, yellow patches)とは、中世イスラム帝国や、中世から近世近代に至るヨーロッパにおいてユダヤ人に着用が求められたバッジ記章)である。「ジューイッシュバッジ(Jewish badges、ユダヤ人のバッジ)」とも呼ばれ、ドイツ語ではJudenstern(直訳すると「ユダヤの星」)という。1939年以降、ナチスドイツにおいても着用が強制された。このバッジを着用すると宗教的民族的識別がなされることからバッジオブシェイム(badge of shame、恥辱のバッジ)とも言われることもある[2]

イスラム[編集]

中世イスラム帝国においてユダヤ人と非イスラム教徒を識別するために特別な衣服を着ることを要請する政策は8世紀ウマル2世の時代に開始されたとみられる。アッバース朝ムタワッキルの時代にも再び同じ政策が実行され、以降何世紀にも渡って継承された[3][4]バグダッドのゲニザ(ユダヤ教の資料施設)に伝わる1121年の記録にも記載がある[5]

ヨーロッパ[編集]

中世ヨーロッパのカトリック世界においてユダヤ教徒(ユダヤ人)とイスラム教徒はキリスト教徒と識別するための衣服の着用を強制された。

インノケンティウス3世は1215年の第4ラテラン公会議において、ユダヤ教徒とイスラム教徒は、識別できる衣服(ラテン語でhabitus ハビトゥス)を着用しなければならないとカノン68条文で規定した[6]

脚注[編集]

  1. ^ Parole der Woche, 1 July 1942
  2. ^ D'Ancona, Jacob (2003). The City Of Light. New York: Citadel. pp. 23–24. ISBN 0-8065-2463-4. "But the wearing of a badge or outward sign — whose effect, intended or otherwise, successful or not, was to shame and to make vulnerable as well as to distinguish the wearer…" 
  3. ^ Antisemitism: A Historical Encyclopedia of Prejudice and Persecution, Volume 1 By Richard S. Levy P:779
  4. ^ Jewish Badge”. www.jewishvirtuallibrary.org. 2021年3月15日閲覧。
  5. ^ Johnson, Paul (1987). A History of the Jews. Harper & Row. pp. 204–205. ISBN 978-0-06-015698-5 
  6. ^ [1]