イェジー・グロトフスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イェジー・グロトフスキ

イェジー・グロトフスキ(Jerzy Grotowski、1933年 - 1999年)はポーランドの演出家。「貧しい演劇」を提唱、簡素で禁欲的な空間と徹底した訓練による俳優の肉体を重視する。

ジェシュフに生まれ、クラクフの国立演劇大学俳優学科(1955)および監督学科(1960)を卒業。また、その間モスクワにも留学する。1959年、実験劇場(Teatr Laboratorium)を創設。実験劇場は、1959年から60年の間オポーレで活動し、その後ヴロツワフに移る(1965ー84)。1984年に劇団を解散してアメリカに移住。1985年からはイタリアを拠点に活動を続けていた。その間、様々な大学で教鞭もとる。

著作[編集]

持たざる演劇めざして (Towards a Poor Theatre) イェジュイ・グロトフスキ〔著〕 大島勉〔訳〕 出版:東京: テアトロ, 1971