イェジ・ヤノヴィッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イェジ・ヤノヴィッツ Tennis pictogram.svg
Janowicz Jerzy (8620112430).jpg
イェジ・ヤノヴィッツ
基本情報
ラテン文字名 Jerzy Janowicz
国籍 ポーランドの旗 ポーランド
出身地 同・ウッチ
生年月日 1990年11月13日(24歳)
身長 203cm
体重 91kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2008年
ツアー通算 0勝
シングルス 0勝
ダブルス 0勝
4大大会最高成績・シングルス
全豪 3回戦(2013)
全仏 3回戦(2013)
全英 ベスト4(2013)
全米 1回戦(2012)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 2回戦(2013)
全仏 ベスト8(2013)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 14位(2013年8月12日)
ダブルス 47位(2013年8月19日)
2014年3月10日現在

イェジ・ヤノヴィッツJerzy Janowicz, ポーランド語発音: [ˈjɛʐɨ jaˈnɔvit͡ʂ], 1990年11月13日 - )は、ポーランドウッチ出身の男子プロテニス選手。まだATPツアーでシングルス・ダブルスともに優勝はない。。自己最高ランキングはシングルス14位、ダブルス47位。身長203cm、体重91kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。姓はヤノヴィチあるいはヤノウィッツ、ヤノビッチ、ヤノビチとも表記される。

2013年ウィンブルドン選手権にてベスト4に進出。2012年パリ・マスターズ準優勝。ダブルスでは2013年インディアンウェルズで準優勝。2015年ホップマンカップ優勝。

来歴[編集]

バレーボール選手の両親の間に生まれたヤノヴィッツは5歳でテニスを始める。ジュニア時代には2007年全米オープン2008年全仏オープンジュニアシングルスで準優勝している。2008年にプロに転向。同年からデビスカップのポーランド代表選手に選ばれている。

4大大会では2009年全米オープンから予選に挑戦を始めたがなかなか突破することが出来ず、2012年ウィンブルドン選手権で初めて勝ち上がり初出場した。1回戦でシモーネ・ボレッリを3-6 6-3 6-3 6-3 、2回戦でエルネスツ・ガルビスを 2-6, 6-4, 3-6, 7-6(2), 9-7 で破り初出場で3回戦まで進出した。3回戦ではフロリアン・マイヤーに 6-7(5), 6-3, 6-2, 3-6, 5-7 で敗れた。大会後のランキングで87位となりトップ100入りを果たした。10月のクレムリン・カップではツアーで初めてのベスト8に進出した。11月のBNPパリバ・マスターズでは予選から勝ち上がり、1回戦でフィリップ・コールシュライバー、2回戦ではマリン・チリッチ、3回戦はランキング3位のアンディ・マリーに 5-7, 7-6(4), 6-2 で逆転勝ちしベスト8に進出した[1]。準々決勝ではヤンコ・ティプサレビッチの途中棄権、準決勝ではジル・シモンを 6-4, 7-5で 破りマスターズ大会初出場ながら決勝に進出した[2]。決勝ではダビド・フェレールに 4-6, 3–6 で敗れ準優勝になったが69位から26位にランキングを上げトップ30入りを果たした[3]

2013年は3月のインディアンウェルズマスターズトレト・コンラッド・ユーイと組みダブルスで決勝に進出したが、強豪ボブ・ブライアンマイク・ブライアン組相手に健闘したものの3–6, 6–3, [6–10]で惜しくも敗れこちらもツアー初優勝はならなかった。

2014年は足の怪我もありランキングを落としてしまう。

2015年1月、ホップマンカップにポーランド代表として出場。決勝でアメリカに勝利し優勝を飾る。2月、オープン・シュ・ド・フランスで準優勝。

ATPツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 3回 (0勝3敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0-0)
ATPワールドツアー・ファイナル (0-0)
ATPワールドツアー・マスターズ1000 (0-1)
ATPワールドツアー・500シリーズ (0-0)
ATPワールドツアー・250シリーズ (0–2)
サーフェス別タイトル
ハード (0-3)
クレー (0-0)
芝 (0-0)
カーペット (0-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2012年11月4日 フランスの旗 パリ ハード (室内) スペインの旗 ダビド・フェレール 4-6, 3–6
準優勝 2. 2014年8月23日 アメリカ合衆国の旗 ウィンストン・セーラム ハード チェコの旗 ルカシュ・ロソル 6–3, 6–7(3), 5–7
準優勝 3. 2015年2月10日 フランスの旗 モンペリエ ハード (室内) フランスの旗 リシャール・ガスケ 3–0 途中棄権

ダブルス: 1回 (0勝1敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2013年3月16日 アメリカ合衆国の旗 インディアンウェルズ ハード フィリピンの旗 トレト・コンラッド・ユーイ アメリカ合衆国の旗 ボブ・ブライアン
アメリカ合衆国の旗 マイク・ブライアン
3–6, 6–3, [6–10]

チーム戦: 1回 (1勝)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2015年1月10日 ホップマンカップ ハード ポーランドの旗 アグニエシュカ・ラドワンスカ アメリカ合衆国の旗 セリーナ・ウィリアムズ
アメリカ合衆国の旗 ジョン・イスナー
2–1

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 通算成績
全豪オープン A A LQ A 3R 3R 3R 6–3
全仏オープン A A LQ LQ 3R 3R 2R 5–3
ウィンブルドン A A LQ 3R SF 3R 9-3
全米オープン LQ LQ LQ 1R 1R 2R 1–3

脚注[編集]

外部リンク[編集]