イェジ・クリウォヴィチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

イェジ・クリウォヴィチ[1]ポーランド語: Jerzy Kuryłowicz1895年8月26日1978年1月28日)は、ポーランド言語学者。特にインド・ヨーロッパ語族の研究で知られる。

生涯[編集]

クリウォヴィチはオーストリア=ハンガリー帝国のシュターニスラウ(現在のウクライナイヴァーノ=フランキーウシク)に生まれた。第一次世界大戦後、独立したポーランド第二共和国ルヴフ大学(リヴィウ大学)で言語学を学んだ。奨学金を得て1年間パリに留学した。帰国後、ルヴフ大学のインド・ヨーロッパ語言語学とロマンス語文献学の教授に就任した。

第二次世界大戦後はルヴフがソ連領になったため、1946年にヴロツワフ大学に移った。1948年からはクラクフヤギェウォ大学で一般言語学の教授として教え、1965年に退官した。

業績[編集]

クリウォヴィチは1878年にフェルディナン・ド・ソシュールの予測した「インド・ヨーロッパ祖語にソナント相当の音があった」という仮説をヒッタイト語を利用して喉音理論として発展させた。

クリウォヴィチは1927年以降喉音理論に関する論文を発表し、1935年の著書『Études indoeuropéennes』にまとめた。同年に少し異なる理論を提出したエミール・バンヴェニストと並んで、クリウォヴィチは喉音理論の創始者のひとりとなった。クリウォヴィチはインド・ヨーロッパ祖語に ə̯1, ə̯2, ə̯3, ə̯4 を仮定し、このうち ə̯2, ə̯3 の2つがヒッタイト語で となって現れているとした[2]

ほかに母音階梯などの研究でも知られる。インド・ヨーロッパ語のほかにセム語の研究も行った。

主な著作[編集]

  • Études indoeuropéennes. Kraków: Gebethner i Wolff. (1935). 
喉音理論に関する主著。
  • L’accentuation des langues indo-européennes. Kraków: Polska Akademia Umiejętności. (1952). 
  • L’apophonie en indo-européen. Kraków. (1956). 
母音階梯に関する主著。
  • Esquisses linguistiques. Kraków. (1960). 
論文集。
  • The Inflectional Categories of Indo-European. (1964). 

脚注[編集]

  1. ^ 姓は「クルィウォーヴィチ」などとも表記される
  2. ^ クリウォヴィチの喉音説の詳細は以下を参照:高津春繁 『印欧語比較文法』 岩波書店1954年、125-129頁。

参考文献[編集]

  • Koerner, E.F.K; Szwedek, Aleksander (2001). Towards a History of Linguistics in Poland: From the Early Beginnings to the End of the Twentieth Century. John Benjamins Publishing Company.