イェジ・アンジェイェフスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イェジ・アンジェイェフスキ(1949年当時)

イェジ・アンジェイェフスキポーランド語: Jerzy Andrzejewski, 1909年8月19日 - 1983年4月19日)は、ポーランドの小説家。

生涯[編集]

帝政ロシア支配下のワルシャワに生まれる。ワルシャワ大学文献学を学ぶ。1936年に最初の短編集『避けられない道』を出版。1937年に『心の秩序』で文学院の新人作家賞を受賞した。ポーランド人民共和国成立後、下院議員となる。1950年に共産党に入党するが、56年に離党した。この年に労働者防衛委員会に参加し、反政府活動に身を投じた。ワルシャワ蜂起を描いた『灰とダイヤモンド』は、アンジェイ・ワイダ監督によって映画化(1958年に)されたことで広く知られる。
創作活動以外にも、両戦間期は文芸週刊誌「プロスト・ズ・モウトゥ」の、戦後は「プシェグロントゥ・クルトゥラルヌイ(文化評論)」の編集長も務めた。

没後にポーランド政府によってポローニア・レスティトゥータが授与されている(2006年)。

作品[編集]

小説
  • 『避けられぬ道』Drogi nieuniknione(1936年)
  • 『心の秩序』Ład serca(1937年)
  • 『点呼』Apel (1945年)
  • 『夜』Noc(1945年)
  • 『灰とダイヤモンド』Popiół i diament(1948年)
  • 『効果的な戦い、またの名、鼻高天狗どもとの戦闘ならびに小競り合いの記録』Wojna skuteczna, czyli opis bitew i potyczek z Zadufkami (1953年)
  • 『金いろの狐』Złoty lis(1955年)
  • 『闇が大地を覆う』Ciemności kryją ziemię (1957年)
  • 『天国の門』Bramy raju (1957年)
  • 『とびはねて山を行く』Idzie skacząc po górach(1963年)
  • 『どろどろしたもの』Miazga (1979)
  • 『誰も』Nikt (1983)
評論
  • 『党と作家の仕事』Partia i twórczość pisarza(1952年)
  • 『人と事件』Ludzie i zdarzenia(1952年~1953年)

など、数多くの作品を出版しているが、日本語訳は少ない。