アーロン・トンプソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アーロン・トンプソン
Aaron Thompson
シュガーランド・スキーターズ
Aaron Thompson 2010.jpg
ワシントン・ナショナルズ時代
(2010年3月9日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューメキシコ州サンタフェ
生年月日 (1987-02-28) 1987年2月28日(31歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2005年 1巡目 (全体22位)
初出場 2011年8月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴

アーロン・マーシャル・トンプソンAaron Marshall Thompson1987年2月2日 - )は、アメリカ合衆国ニューメキシコ州サンタフェ出身のプロ野球選手投手)。現在は、独立リーグであるアトランティックリーグシュガーランド・スキーターズに所属。

経歴[編集]

プロ入りとマーリンズ傘下時代[編集]

2005年のMLBドラフトでフロリダ・マーリンズ(現:マイアミ・マーリンズ)からドラフト1巡目(全体22位)指名され[1]、11月6日に契約を結びプロ入りを果たした[2]。傘下ルーキーリーグのガルフ・コーストリーグ・マーリンズでは、8試合に先発登板し、2勝4敗、防御率4.50、41奪三振を記録した[3]。傘下ショートシーズンAジェームズタウン・ジャマーズでは、5試合に先発登板し、1勝2敗、防御率3.10、17奪三振を記録した[3]

2006年は傘下Aグリーンズボロ・グラスホッパーズでプレーした。同年は、24試合に先発登板し、8勝8敗、防御率3.63、114奪三振を記録した[3]

2007年は傘下アドバンスAジュピター・ハンマーヘッズでプレーした。同年は、20試合(19試合で先発)登板し、4勝6敗、防御率3.37、84奪三振を記録した[3]

2008年は傘下ルーキーリーグのガルフ・コーストリーグ・マーリンズで2試合に先発登板した[3]。傘下AAカロライナ・マッドキャッツで、16試合に先発登板し、2勝5敗、防御率5.62、53奪三振を記録した[3]

2009年は、まず傘下AAジャクソンビル・サンズでプレーした。ここでは、20試合に先発登板し、5勝9敗、防御率4.11、75奪三振を記録した[3]

ナショナルズ傘下時代[編集]

2009年7月31日にニック・ジョンソンとのトレードワシントン・ナショナルズへ移籍した[4]。移籍後の8月4日に傘下AAハリスバーグ・セネターズへ異動された[5]。ここでは、6試合に先発登板し、0勝3敗、防御率3.31、27奪三振を記録した[3]。オフの11月19日にナショナルズとメジャー契約を結び40人枠に登録された[6]

2010年3月15日に傘下AAハリスバーグへ異動された[7]。4月24日に傘下AAAシラキュース・チーフスへ昇格し[8]、1試合に先発登板した[3]。4月25日に傘下AAハリスバーグへ降格した[9]。最終的に傘下AAハリスバーグでは、26試合に先発登板し、4勝13敗、防御率5.80、95奪三振を記録した[3]。オフの10月13日に40人枠外となった[10]

パイレーツ時代[編集]

2010年12月13日にウェイバーでピッツバーグ・パイレーツへ移籍した。

2011年3月14日に傘下AAアルトゥーナ・カーブへ異動した[11]。6月24日にDFAとなった。6月30日に傘下AAアルトゥーナへ降格した[12]。8月10日に傘下AAAインディアナポリス・インディアンズへ昇格した[13]。8月24日にメジャー契約を結びメジャーに昇格した。同日メジャーデビューを果たした。8月25日に傘下AAAインディアナポリスへ降格した[13]。9月6日に、メジャーに昇格した[14]。最終的に、メジャーでは4試合(1試合で先発)登板し、0勝0敗、防御率7.04、1奪三振を記録した[15]。傘下AAAインディアナポリスでは5試合(4試合で先発)登板し、1勝0敗、防御率2.84、10奪三振を記録した[3]。傘下AAでは、28試合(12試合で先発)登板し、4勝7敗、防御率5.16、51奪三振を記録した[3]。オフの11月1日に傘下AAAインディアナポリスへ降格した[16]。11月2日にFAとなった[16]

ツインズ時代[編集]

2011年12月11日にミネソタ・ツインズとマイナー契約を結んだ。

2012年6月3日に傘下AAニューブリテン・ロックキャッツへ異動した[17]。同年は22試合(12試合で先発)登板し、3勝8敗、防御率5.23、45奪三振を記録した[3]

2013年4月3日に7日間の故障者リストに登録された[18]。4月17日に復帰した[18]。傘下AAニューブリテンでは11試合に登板し、0勝1敗3セーブ、防御率0.61、11奪三振を記録した[3]。5月18日に傘下AAAロチェスター・レッドウイングスへ昇格した[19]。ここでは31試合(1試合で先発)登板し、3勝2敗6セーブ、防御率3.48、42奪三振を記録した[3]。オフの11月20日に招待選手としてスプリングトレーニングに参加する事となった。

2014年は開幕を傘下AAAロチェスターで迎えた。8月31日にメジャー契約を結んだ[20]。3年振りにメジャーで登板した。最終的にメジャーでは7試合に登板し、0勝0敗、防御率2.45、6奪三振を記録した[15]。傘下AAAロチェスターでは46試合に登板し、3勝3敗3セーブ、防御率3.98、51奪三振を記録した[3]

2015年3月31日に傘下AAAロチェスターへ降格した[21]。4月3日にメジャーに昇格した[22]。7月7日に傘下ロチェスターへ降格した[23]。最終的にメジャーではメジャーでのキャリア最多41試合に登板し、1勝3敗、防御率5.01、17奪三振を記録した[15]。傘下AAAロチェスターでは21試合に登板し、1勝1敗1セーブ、防御率3.71、11奪三振を記録した[3]。10月21日に40人枠から外れAAA級ロチェスターに降格した[24]。10月23日に自由契約となり[25]、11月30日にマイナー契約でツインズと再契約。

独立リーグ時代[編集]

2016年4月1日に解雇となる。5月6日に独立リーグ・アトランティックリーグシュガーランド・スキーターズと契約。

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 60 (2011年 - 同年終了)
  • 64 (2014年 - 2015年)

脚注[編集]

  1. ^ Marlins select pitchers with first five picks in Major League Baseball's First-Year Player Draft MLB.com (英語) (2005年6月7日) 2015年10月18日閲覧
  2. ^ Miami Marlins 2005 Draft Selections MLB.com (英語) 2015年10月18日閲覧
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q Aaron Thompson stats MiLB.com (英語)
  4. ^ Washington Nationals Acquire Left-Handed Pitching Prospect from Marlins MLB.com Press Release (英語) (2009年7月31日) 2015年10月18日閲覧
  5. ^ Eastern League Transactions 2009 August MiLB.com (英語) (2009年8月4日) 2015年10月18日閲覧
  6. ^ Nationals select the contracts of RHP Juan Jaime, LHP Atahualpa Severino & LHP Aaron Thompson MLB.com Press Release (英語) (2009年11月19日) 2015年10月18日閲覧
  7. ^ Eastern League Transactions 2010 March MiLB.com (英語) (2010年3月15日) 2015年10月18日閲覧
  8. ^ International League Transactions 2010 April MiLB.com (英語) (2010年4月24日) 2015年10月18日閲覧
  9. ^ Eastern League Transactions 2010 April MiLB.com (英語) (2010年4月25日) 2015年10月18日閲覧
  10. ^ Washington Nationals Transactions MLB.com (英語) (2010年10月13日) 2015年10月18日閲覧
  11. ^ Eastern League Transactions 2011 March MiLB.com (英語) (2011年3月14日) 2015年10月18日閲覧
  12. ^ Eastern League Transactions 2011 June MiLB.com (英語) (2011年6月30日) 2015年10月18日閲覧
  13. ^ a b International League Transactions 2011 August MiLB.com (英語) (2011年8月10日) 2015年10月18日
  14. ^ Pittsburgh Pirates Transactions MLB.com (英語) (2011年9月6日) 2015年10月18日閲覧
  15. ^ a b c Aaron Thompson stats MLB.com (英語)
  16. ^ a b International League Transactions 2011 November MiLB.com (英語) 2015年10月18日閲覧
  17. ^ Eastern League Transactions 2012 June MiLB.com (英語) (2012年6月3日) 2015年10月18日閲覧
  18. ^ a b Eastern League Transactions 2013 April MiLB.com (英語) 2015年10月18日閲覧
  19. ^ International League Transactions 2013 May MiLB.com (英語) (2013年5月18日) 2015年10月18日閲覧
  20. ^ Twins select left-handed pitcher Aaron Thompson MLB.com Press Release (英語) (2014年8月31日) 2015年10月18日閲覧
  21. ^ Twins Optione Aaron Thompson to Triple-A Rochester MLB.com Press Release (英語) (2015年3月31日) 2015年10月18日閲覧
  22. ^ Twins Recall Aaron Thompson from Triple-A Rochester MLB.com Press Release (英語) (2015年4月3日) 2015年10月18日閲覧
  23. ^ International League Transactions 2015 July MiLB.com (英語) (2015年7月7日) 2015年10月18日閲覧
  24. ^ Jesse Lund (2015年10月21日). “Twins outright Eric Fryer, Shane Robinson, Aaron Thompson”. Twinkie Town (SB Nation). http://www.twinkietown.com/2015/10/21/9588262/twins-outright-eric-fryer-shane-robinson-aaron-thompson 2015年10月23日閲覧。 
  25. ^ International League Transactions 2015 October MiLB.com (英語) (2015年10月23日) 2015年10月25日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]