アーロン・スタンフォード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アーロン・スタンフォード
Aaron Stanford
Aaron Stanford
2013年・コミコンにて撮影
本名 Aaron Arthur Stanford
(アーロン・アーサー・スタンフォード)
生年月日 (1976-12-27) 1976年12月27日(42歳)
出生地 マサチューセッツ州ミドルセックス郡 (マサチューセッツ州)ウェストフォード
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
身長 173 cm (5 feet 8 inches)
職業 俳優
声優
活動期間 2000年 - 現在
主な作品
ヒルズ・ハブ・アイズ
X-MEN: ファイナル ディシジョン
NIKITA / ニキータ』 (TV)
12モンキーズ (テレビドラマ)
テンプレートを表示

アーロン・スタンフォードAaron Stanford、本名: Aaron Arthur Stanford 1976年12月27日 - )は、アメリカ合衆国俳優声優である。

来歴[編集]

1976年マサチューセッツ州に生まれる。母親は英語教授で、父親は出版業者だった[1]。地元マサチューセッツ州の高校を卒業した後、ニューヨーク州立大学へ進学するも、ニュージャージー州ラトガース大学へ編入学して、同大学を卒業した[1]2000年シガーニー・ウィーヴァーと共演した低予算映画『Tadpole』で映画デビュー。翌年にはテレビシリーズ『サード・ウォッチ』の数エピソードへ出演したり、ウディ・アレン監督の『さよなら、さよならハリウッド』やスパイク・リー監督の『25時』などへも出演。

その後も順調にキャリアを重ね、ホラー映画サランドラ』のリメイク作品『ヒルズ・ハブ・アイズ』や、人気コミックの映画化作品『X-MEN2』『X-MEN: ファイナル ディシジョン』などへの出演で知られるようになった。 近年ではマギー・Q主演のテレビドラマシリーズ『NIKITA / ニキータ』でのレギュラーキャストとして73エピソードへ出演して人気を博したほか、2015年から放送のTVドラマシリーズ『12モンキーズ』で、人類の未来を変えるためタイムスリップすることを命じられた主人公コールを演じている。

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

邦題/原題 役名 備考
2002 さよなら、さよならハリウッド
Hollywood Ending
俳優
25時
25th Hour
マーカス
2003 X-MEN2
X2
ジョン・アルダーダイス / パイロ
2004 特捜刑事 スパルタン
Spartan
マイケル・ブレイク
2005 エイミー・アダムス in ナイト・ビフォア・ウェディング
Standing Still
リッチ
2006 ヒルズ・ハブ・アイズ
The Hills Have Eyes
ダグ・バコウスキ
X-MEN: ファイナル ディシジョン
X-Men: The Last Stand
ジョン・アルダーダイス / パイロ

テレビ[編集]

邦題/原題 役名 備考
2001 - 2002 サード・ウォッチ
Third Watch
サーゲイ 5エピソード
2007 トラベラー
Traveler
サーゲイ メインキャスト
8エピソード
NUMBERS 天才数学者の事件ファイル
Numb3rs
ブレット・チャンドラー 1エピソード
2009 LAW & ORDER:犯罪心理捜査班
Law & Order: Criminal Intent
ジョシュ・スノー 1エピソード
マッドメン
Mad Men
ホラス・クックJr 1エピソード
FEAR ITSELF/フィアー・イットセルフ
Fear Itself
ステファン 1エピソード
2010 - 2013 NIKITA / ニキータ
Nikita
シーモア・バーコフ メインキャスト
全73エピソード
2015 - 2018 12モンキーズ (テレビドラマ)
12 Monkeys
ジェームズ・コール 主演
全47エピソード
2018 - フィアー・ザ・ウォーキング・デッド
Fear the Walking Dead
ジム・ブラウアー シーズン4 11話 (B) - [2][3][4]

ゲーム[編集]

邦題/原題 役名 備考
2008 コール オブ デューティ ワールド・アット・ウォー
Call of Duty: World at War
ポロンスキー 声の出演

参照[編集]

外部リンク[編集]