アール・ワトソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アール・ワトソン
Earl Watson
フェニックス・サンズ AC
Earl Watson Bulls vs Pacers December 2009.jpg
現役時代 (インディアナ・ペイサーズ) のワトソン
名前
本名 Earl Joseph Watson Jr.
ラテン文字 Earl Watson
基本情報
誕生日 1979年6月12日(36歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カンザス州カンザスシティ
出身 UCLA
身長 185cm  (6 ft 1 in)
体重 88kg (194 lb)
選手情報
ポジション PG
ドラフト 2001年 全体40位
選手経歴
2001-2002
2002-2005
2005-2006
2006-2009

2009-2010
2010-2013
2013-2014
シアトル・スーパーソニックス
メンフィス・グリズリーズ
デンバー・ナゲッツ
シアトル・スーパーソニックス/オクラホマシティ・サンダー
インディアナ・ペイサーズ
ユタ・ジャズ
ポートランド・トレイルブレイザーズ
指導者経歴
2014-2015
2015-
オースティン・スパーズ(Dリーグ) (AC)
フェニックス・サンズ(AC)

アール・ワトソンEarl Joseph Watson Jr.1979年6月12日 - )はアメリカ合衆国カンザス州カンザスシティ出身の元バスケットボール選手。身長185cm、体重88kg。ポジションはポイントガード

経歴[編集]

カリフォルニア大学ロサンゼルス校に進学したワトソンは、のちにNBAプレイヤーとなるバロン・デイビスの控えとしてプレイ。ワトソンとデイビスは同大学で1979年以来初めて先発の座をつかんだ1年生であった。

2001年のNBAドラフトシアトル・スーパーソニックスから2巡目40位で指名されてNBA入り。

2008年2月6日、サクラメント・キングス戦において23得点10リバウンド10アシストのトリプルダブルを達成する。これはレイ・アレンが2004年に達成して以来、チーム初となる記録であった。

その後、各チームで控えポイントガードを務めた後、2014年10月2日、13年にわたる選手生活に区切りを付け、サンアントニオ・スパーズ傘下のDリーグチーム、オースティン・スパーズのアシスタントコーチに就任した。 2015年6月3日、 フェニックス・サンズの新人選手育成担当のアシスタントコーチに就任した[1]

プレイスタイル[編集]

得点よりパスを優先するゲームメイカー。大学以来、バロン・デイビスゲイリー・ペイトンジェンソン・ウィリアムズなどの大物ガードが常に同じチームにいるため、2番手選手としての起用を続けられてきた。しかしそれ故に短い時間で力を発揮する術を身につけており、「最高の控えポイントガード」とも形容される。2007-08シーズンは漸く先発の座を掴んだかに見えたが、チームは翌年のドラフトでラッセル・ウェストブルックを獲得したため、またしてもベンチから起用されることになった。

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ

NBAレギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2001–02 SEA 64 0 15.1 .453 .364 .639 1.3 2.0 .9 .1 0.80 3.6
2002–03 MEM 79 2 17.3 .435 .341 .721 2.1 2.8 1.1 .2 1.11 5.5
2003–04 MEM 81 14 20.6 .371 .245 .652 2.2 5.0 1.1 .2 1.80 5.7
2004–05 MEM 80 14 22.6 .426 .319 .659 2.1 4.5 1.0 .2 2.09 7.7
2005–06 DEN 46 10 21.2 .429 .395 .627 1.9 3.5 .8 .2 1.63 7.5
2005–06 SEA 24 0 25.1 .432 .420 .731 3.0 5.4 1.3 .1 2.54 11.5
2006–07 SEA 77 25 27.9 .383 .329 .735 2.4 5.7 1.3 .3 2.17 9.4
2007–08 SEA 78 73 29.1 .454 .371 .766 2.9 6.8 .9 .1 2.24 10.7
2008–09 サンダー 68 18 26.1 .384 .235 .755 2.7 5.8 .7 .2 6.6
2009–10 ペイサーズ 79 52 29.4 .426 .288 .710 3.0 5.1 1.3 .2 7.8
2010–11 ジャズ 80 13 19.6 .410 .336 .671 2.3 3.5 .8 .2 4.3
2011–12 ジャズ 50 2 20.7 .338 .192 .674 2.4 4.3 1.1 .4 3.0
2012–13 ジャズ 48 4 17.3 .308 .179 .680 1.8 4.0 .8 .2 2.0
2013–14 POR 24 0 6.7 .273 .286 1.000 .6 1.2 .2 .0 0.5
Career 878 227 22.2 .411 .324 .703 2.3 4.4 1.0 .2 6.4


NBAプレーオフ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2004 MEM 4 0 15.5 .533 .000 1.000 2.3 1.8 1.2 .0 1.50 4.8
2005 MEM 4 0 18.5 .333 .111 1.000 2.5 3.8 0.50 .8 .2 4.8
2014 POR 4 0 3.5 .000 .000 .000 .3 .3 .0 .0 0.0
Career 12 0 12.5 .400 .077 1.000 1.7 1.9 .7 .1 3.2

その他[編集]

  • 祖父母がメキシコ人であることから、メキシコ代表に選ばれるのではないかと常に噂されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Coro, Paul (2015年6月4日). “Phoenix Suns work out Sam Dekker, Brandon Ashley with aim for shooting, playmaking big men”. azcentral.com. オリジナル2015年6月14日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/6ZGlvO6bw 

外部リンク[編集]