アール・フッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アール・フッカー(Earl Hooker, 1929年1月15日 - 1970年4月21日)はアメリカ合衆国ブルースミュージシャン。シカゴ・ブルース[1]の最盛期を担った、ブルースの系譜において最も影響力のあるスライド・ギタリストのうちの一人である。ジョン・リー・フッカーは従兄。

来歴[編集]

1929年ミシシッピ州クラークディルに生まれる。1歳でイリノイ州シカゴへ移住。15歳でギターを始める。1952年に初録音。マディ・ウォーターズジュニア・ウェルズサニー・ボーイ・ウィリアムスンら大物ミュージシャンのアルバムに客演も多く、スタジオミュージシャンとしての性格も強い。自身のヒットとしては1962年にエイジより出した「BLUES GUITAR」がある。そのスタイルはブルースに留まらず、カントリーやジャズまで幅広く対応している。1970年に41歳で死去。使用ギターとしては、ギブソンのダブルネックや日本製と思われるレス・ポールモデルのコピーなど。

出典[編集]

| first = Bill | editor1-last = Erlewine | editor1-first = Michael | editor1-link = Michael Erlewine | title = Earl Hooker | encyclopedia = All Music Guide to the Blues

脚注[編集]