アーラーム・シャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アーラーム・シャー
Aram Shah
奴隷王朝の君主
在位 1210年
別号 スルターン

出生 不詳
死去 1211年
デリー郊外
王朝 奴隷王朝
父親 クトゥブッディーン・アイバク
テンプレートを表示

アーラーム・シャー(Aram Shah, 生年不詳 - 1211年)は、北インドデリー・スルターン朝奴隷王朝の第2代君主(在位:1210年 - 1211年)。即位前の名はアーラーム・バフシュ(Aram Bakhsh)といった[1]

生涯[編集]

父は奴隷王朝の創始者であるクトゥブッディーン・アイバクとされるが、養子という説もあり、実子であるか養子であるかは確定していない[1]。前後の情勢と彼が直ちに王位を継承していることから、実子ではないにしても、義子あるいは比較的近い血縁関係にあったのだという[1]

1210年、父アイバクが落馬事故で急死したため、アーラーム・シャーはラホールの宮廷で貴族らに擁立され、その王位を継承した[2]

だが、アーラーム・シャーは悪政を布いたといわれ、別の貴族らは軍司令官でアイバクの娘婿であったイルトゥトゥミシュデリーに呼び寄せ、擁立しようとした[1][2]

1211年、アーラーム・シャーはデリー郊外でイルトゥトゥミシュと戦い、敗れて殺されたという[2]。こうして、アイバクの王統は2代5年で断絶した。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 荒『インドの「奴隷王朝」 中世イスラム王権の成立』、p.50
  2. ^ a b c ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.110

参考文献[編集]

  • 荒松雄 『インドの「奴隷王朝」 中世イスラム王権の成立』 未来社、2006年。 
  • フランシス・ロビンソン、月森左知訳 『ムガル皇帝歴代誌 インド、イラン、中央アジアのイスラーム諸王国の興亡(1206年 - 1925年)』 創元社、2009年。 

関連項目[編集]