アーミン・ヴァン・ブーレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Armin van Buuren
Van Buuren 2013 (cropped).jpg
2013年のトゥモロー・ワールドにおけるパフォーマンス
基本情報
出生名 アーミン・ヨーゼフ・ヤコブス・ダニエル・ヴァン・ブーレン (Armin Jozef Jacobus Daniël van Buuren)
生誕 (1976-12-25) 1976年12月25日(43歳) オランダライデン
ジャンル トランス, EDM
職業 DJ, トランスミュージック・プロデューサー
担当楽器 シンセサイザー, ドラムマシン, イコライザー,DJミキサー
活動期間 1995-
レーベル Armada, A State Of Trance, Armind
公式サイト http://www.arminvanbuuren.com/

アーミン・ヴァン・ブーレン(Armin van Buuren、オランダ語発音: [ˈɑrmɪn vɑn ˈbyːrə(n)]英語: [ɑːmɪn væn ˈbjʊəɹən]1976年12月25日 - )は、オランダDJトランスミュージック・プロデューサー。既婚者で子供が二人いる。 弟はギタリストのエレール・ヴァン・ビューレン。代表する曲として『This Is What It Feels Like』や『Blah Blah Blah』、『Turn It Up』などが挙げられる。

人物[編集]

生い立ちと活動[編集]

ライデン出身。ジャン・ミッシェル・ジャールの曲に感化されてDJを始めたという[1][2]ライデン大学で法学を専攻していたが、DJ活動を優先にしていたために休学し、DJ活動を休止すると、2000年代に頃に復学し卒業を果たした[3]。2009年に交際中だった女性と結婚し、2子を授かった。 現在、EDM、ダッチトランスを代表するDJと知られており、DJ MagazineによるDJ Mag Top 100において2007年2008年2009年2010年2012年に1位を獲得している。また、通算800回以上もの放送を行っている長寿ラジオ番組ア・ステート・オブ・トランスのホストも務めている。


ディスコグラフィ[編集]

アルバム(海外)[編集]

本国オランダをはじめ、海外では以下のオリジナルアルバムがリリースされている(リリースされているアルバムは国によって異なる)。

上記に挙げたオリジナルアルバムの他に、それまでにリリースされた楽曲を集めたコンピレーションアルバム「10 Years」が2006年に発売されている。尚、本国オランダをはじめとした海外では、シングルCDや2枚組などの特別盤、リミックス盤等も複数リリースされている。

アルバム(日本国内)[編集]

日本においては、エイベックス社から以下のアルバムが発売されている。尚、シングルCDは日本においては発売されていない。

  • 2006 シヴァース+アーミン・オンリー スペシャル・エディション

アーミン[4]初の日本国内盤。海外で発売されている「Shivers」から、「Gypsy」「Bounce Back」「Serenity」の3曲がカットされ、代わりに「Yet Another Day」「Blue Fear 2003」(海外での前作にあたる「76 (アルバム)」からの抜粋)と、Perpetuous Dreamer名義で発表されていた「The Sound Of Goodbye」が収録されている。尚、本作にはDVDが同梱されており、内容は海外でリリースされているDVD「Armin Only: The Next Level」の日本盤となっている。

  • 2013 形而上のインテンス

アーミンの日本における2作目となる国内盤。日本における前作「シヴァース」とは異なり、海外で発売された「Intense」と収録内容は同一となっている。本人の作りだすサウンドの作風の変遷によって、日本における前作となる「シヴァース」とは異なり、本作ではEDM色の強い楽曲が大多数を占める。尚、本作ではすべての曲に邦題(必ずしも原題を訳したものではない)が付けられている(例:"This Is What It Feels Like" → 「フィール~愛しき未来~」)。

  • 2015 エンブレイス ~新たな出発~

海外で発売されたアルバム「Embrace」にボーナストラック「This Is What It Feels Like」が追加されている。尚アルバムタイトルは国内盤オリジナルのものだが「形而上のインテンス」と異なり曲名は変更されていない。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Interview with Armin van Buuren”. About.com. 2012年9月14日閲覧。
  2. ^ Armin van Buuren, Fanboy”. synthopia. 2012年9月14日閲覧。
  3. ^ 7 Celebrities You Didn't Know Had Law Degrees - Law Street (TM)” (英語). Law Street (TM) (2015年7月15日). 2020年2月25日閲覧。
  4. ^ 本作では、アーティスト名の日本語表記が「アーミン・ヴァン・ビューレン」となっている。

外部リンク[編集]