アーネスト・スターングラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アーネスト・スターングラスErnest Joachim Sternglass1923年9月24日-2015年2月12日)は、アメリカ合衆国物理学者

経歴[編集]

ベルリン生まれ。両親はユダヤ人の物理学者。1938年ドイツを離れる。16歳で高校を卒業しコーネル大学に入学。

国防省海軍兵器研究所en:Naval Ordnance Laboratoryウェスティングハウス社のWestinghouse Research Laboratory に勤務、多数のプロジェクトに関わった。

1967年からピッツバーグ大学の放射線物理・工学研究所を指揮し、放射線画像診断における線量を低減させる新しい投影技術の開発をした。また、核実験による放射性降下物原子炉からの放射性廃棄物による人体の健康、特に発達中の胎児幼児への影響について広範な疫学調査を行なった。この結果をもとに、アメリカ合衆国議会米国科学アカデミー、州議会、政府の規制当局での公聴会証人として証言した。

元ピッツバーグ大学医学部放射線科名誉教授。専門は放射線物理[1]

著書[編集]

  • 反原発科学者連合訳『赤ん坊をおそう放射能 ヒロシマからスリーマイルまで』原著 Secret Fallout. Low-Level Radiation from Hiroshima to Three Mile Island , 1981 新泉社, 1982.6
  • 肥田舜太郎訳『死にすぎた赤ん坊 低レベル放射線の恐怖』時事通信社, 1978.8
  • ラルフ・グロイブとの共著、肥田舜太郎,竹野内真理訳『人間と環境への低レベル放射能の脅威 福島原発放射能汚染を考えるために』原題 The Petkau effect (ペトカウ効果)あけび書房, 2011.6
  • Before the Big Bang: The Origins of the Universe , 1997 (ビッグバン以前‐宇宙の起源)

脚注[編集]

[ヘルプ]