アードモア蒸溜所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アードモア蒸溜所
Ardmore Distillery - geograph.org.uk - 258702.jpg
地域:スペイサイド
所在地 アバディーンシャーケネスモント英語版
所有者 ビーム サントリー
創設 1898
現況 運営中
水源 ノッカンディの丘の湧水
蒸留器数 初留釜4基、再留釜4基
生産量 5,200,000リットル
アードモア
種類 モルトを原料としたウィスキーのみ
熟成期間 未熟成(ニューポット)、25年、30年
樽の種類
度数 46%

アードモア蒸溜所英語: Ardmore distillery)は、スコッチ・ウィスキーの蒸留所の1つである。なお、ここではモルトを原料とするウィスキーのみを生産しており、シングルモルト・ウィスキーも出荷している。

歴史[編集]

アードモア蒸留所は1898年にウィリアム・ティーチャー(William Teacher)の息子アダム(Adam)が[1]、自らの会社のブレンドウイスキー「ティーチャーズ・ハイランドクリーム英語版」のための原酒を確保するために設立された。ギリー("the Garioch")農地の奥地、アバディーンシャーハントリー英語版ケネスモント英語版を流れるボギー川英語版のそばに建てられている。

1955年に2基のポットスチル(単式蒸留器)が追加され、1974年には更に4基のポットスチルが追加されたことで、設置されているポットスチルは、合計8基となった[1][2]。なお、この蒸留所は、かつては独自に麦芽製造会社と樽製造会社を持っていたものの、麦芽の製造は1970年代半ばに中止し、樽の製造も1980年代後半に中止した。以降は、他社より麦芽や樽を購入して生産している。また、2001年の初め頃までは石炭を燃料とした直火方式のポットスチルを使用して蒸留していたものの、その後は、高温蒸気を用いた間接加熱方式のポットスチルでの蒸留に変更した。なお、2014年現在、日本のサントリーホールディングスが所有運営を行っている。

生産品[編集]

アードモア蒸留所は、限定商品ではあるものの、蒸留所単独の原酒のみで作ったウィスキー(シングルモルト・ウィスキー)を出荷している。アードモアのシングルモルトは、アルコール度数46%に調整されており、イヌワシが描かれたシールを貼ったガラス瓶で販売されている。なお、現代の一般的なウィスキーとは違って、アードモアのウィスキーはフィルタで濾過をする際に、冷却を行っていない(ノンチルドフィルタによる濾過を行っている)という特徴が見られる。アードモア蒸留所のシングルモルト・ウィスキーは以下の通りである。

  • アードモア トラディショナル・カスク[3]
  • アードモア 25年[4]

以上の他に、ブレンデット・ウィスキーの銘柄の1つであるティーチャーズ・ハイランド・クリーム英語版の原酒の1つとして、アードモア蒸留所の製品が使用されている。

出典[編集]

  1. ^ a b Helen Arthur (2002) [1997] (dutch). The single malt companion. Translated by Lisbeth Machielsen. Libero. p. 196. ISBN 90-5764-236-0 
  2. ^ MacLean, Charles. Malt Whisky. London: Octopus Publishing Group, 2006, p.120. ISBN 1-84533-240-7.
  3. ^ A Wardrobe of Whisky's info about Ardmore Traditional Cask”. 2014年10月23日閲覧。
  4. ^ A Wardrobe of Whisky's info about Ardmore 25 years old”. 2014年10月23日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯57度21分04秒 西経2度44分42秒 / 北緯57.35111度 西経2.74500度 / 57.35111; -2.74500