アーデルハイト・ツー・シャウムブルク=リッペ (1875-1971)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザクセン=アルテンブルク公爵夫人アーデルハイト

アーデルハイト・ツー・シャウムブルク=リッペAdelheid Prinzessin zu Schaumburg-Lippe, 1875年9月22日 ラティボリッツ英語版 - 1971年1月27日 バレンシュテット英語版)は、ドイツの旧諸侯シャウムブルク=リッペ家の侯女で、ザクセン=アルテンブルクエルンスト2世の最初の妻。全名はフリーデリケ・アーデルハイト・マリー・ルイーゼ・ヒルダ・オイゲーニエFriederike Adelheid Marie Luise Hilda Eugenie)。

シャウムブルク=リッペ侯ゲオルク・ヴィルヘルムの次男ヴィルヘルムと、その妻でアンハルト=デッサウ公子フリードリヒ・アウグストの娘であるバティルディスの間の第7子、三女として生まれた。1898年2月27日にビュッケブルクにおいて、ザクセン=アルテンブルク公子エルンストと結婚。夫は1908年にザクセン=アルテンブルク公となるが、1918年のドイツ革命により退位を余儀なくされた。夫妻は1920年1月17日に離婚するまでに、間に4人の子女をもうけた。

参考文献[編集]

  • Genealogisches Handbuch des Adels, Fürstliche Häuser, Reference: 1961
  • L'Allemagne dynastique, Huberty, Giraud, Magdelaine, Reference: II 295

外部リンク[編集]