アーダルベルト (オーストリア辺境伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アーダルベルト勝利伯
Adalbert der Siegreiche
オーストリア辺境伯
Adalbert der Siegreiche.jpg
アーダルベルトと弟トリーア大司教ポッポ(クロスターノイブルク修道院英語版蔵)
在位 1018年 - 1055年

出生 985年ごろ
死去 1055年5月26日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
オーストリア辺境伯領、メルク
配偶者 グリスモート(イメディング家
  フロッツァ・オルセオロ
子女 レオポルト
エルンスト
家名 バーベンベルク家
父親 レオポルト1世
母親 リヒャルディス・フォン・ズアラフェルトガウ
宗教 キリスト教カトリック
テンプレートを表示
アーダルベルト(ハイリゲンクロイツ修道院

アーダルベルト勝利伯(ドイツ語:Adalbert der Siegreiche, 985年ごろ - 1055年5月26日)は、オーストリア辺境伯(在位:1018年 - 1055年)。

生涯[編集]

アーダルベルトは1010年にシュヴァイナッハガウ伯、1011年にキュンツィヒガウ伯、および1018年に兄ハインリヒ1世の跡を継いでオーストリア辺境伯となった。

アーダルベルトは辺境伯領の東の境界をマルヒ川およびライタ川まで拡げ、ハンガリー王国ボヘミア王国との戦いにおいてローマ王ハインリヒ3世を支援した。アーダルベルトはメルクに住み、後にそこにはメルク修道院が創建された。

結婚と子女[編集]

アーダルベルトはイメディング家のインメート4世の娘でパーダーボルン司教マインヴェルクの姉妹グリスモートと結婚した。2度目に、ハンガリー王オルセオロ・ペーテルの姉妹フロッツァと結婚した。以下の子女がいる。

  • レオポルト(1043年12月9日没) - ハンガリー辺境伯(1043年)[1]
  • エルンスト(1027年頃 - 1075年) - オーストリア辺境伯(1055年 - 1075年)

脚注[編集]

  1. ^ Heinrich Ritter von Zeißberg (1883), “Leopold (Liutpold)” (ドイツ語), Allgemeine Deutsche Biographie (ADB), 18, Leipzig: Duncker & Humblot, pp. 381 

参考文献[編集]

先代
ハインリヒ1世
オーストリア辺境伯
1018年 - 1055年
次代
エルンスト