アースロプレウラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アースロプレウラ
生息年代: Mississippian–Early Permian
Arthropleura 1914.jpg
A. armataの化石
地質時代
地質時代
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: Arthropleuridea
: Arthropleurida
: アースロプレウラ科 Arthropleuridae
: アースロプレウラ属 Arthropleura
学名
Arthropleura Meyer[1]1853
  • Arthropleura armata Meyer, 1853 (= Arthropleura moyseyi Calman, 1914)
  • Arthropleura britannica Andrée, 1910
  • Arthropleura cristata Richardson, 1959
  • Arthropleura maillieuxi Pruvost, 1930
  • Arthropleura mammata (Salter, 1863)

アースロプレウラ(Arthropleura アルスロプレウラ)は古生代石炭紀の森林に生息した巨大な節足動物である。節足動物の仲間としては、ウミサソリの一種と並んで史上最大級のものと考えられる。

形態と分類[編集]

スコットランドアラン島Laggan Harbourで出土した化石

ほぼ同じような形の多数(少なくとも20節)の体節がつながった構造をしていた。全長は2メートルから3メートルに達し、幅は45センチメートル。ノバスコシア、イリノイオハイオペンシルベニアなど各地から化石が見つかっている。完全な標本は得られていないため、詳細には謎が多いが、多足類ムカデヤスデに似ており、これらに近いものと考えられる。脚の構造に独特な点があり、独自の綱を立てる説もあり、この綱の分類表はそれに従うが、ヤスデ綱の下に含める説もある。

生態[編集]

ムカデは小動物を捕食する肉食であり、ヤスデは雑食であるが、アースロプレウラは植物食であったと考えられている。たくさんの体節がつながった柔軟な体は、森林内を移動するのに適していた。大きな動物であったので体重も重く、這った跡の化石が各地で知られている。

石炭紀にアースロプレウラやメガネウラのように巨大な節足動物(昆虫も含む)が多かった原因として、シダ植物群の大繁殖により当時の大気中の酸素濃度が約35%と高かったためとする説や、脊椎動物が陸上での進化を始めて間もない頃であったので、これらを捕食する動物が少なかったからとする説などが唱えられている。ペルム紀のはじめには、巨大な節足動物のどれもが絶滅した。その原因は捕食動物によるものではなく、気候の変化とともに石炭紀と同じ森林環境が姿を消し、食料となる植物が無くなったことだとされる。

脚注[編集]

  1. ^ Friedrich Albrecht Anton Meyer (1768-1795) naturalist or ヘルマン・フォン・マイヤー (1801-1869) palaeontologist

参考文献[編集]

  • 石川良輔編『節足動物の多様性と系統』,(2008),バイオディバーシティ・シリーズ6(裳華房)