アーシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アーシス
Arsis
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 バージニア州
バージニアビーチ[1]
ジャンル メロディックデスメタル[1]
テクニカルデスメタル[1]
活動期間 2000年 -
レーベル ウィローティプ・レコード
ネガティヴ・イグジステンス
ニュークリア・ブラスト
アゴニア・レコード
プロステティック・レコード
キングレコード
公式サイト Official Facebook
メンバー ジェームス・マローン (ボーカルギター)
テイラー・ワシントン (ギター)
ノア・マーティン (ベース)
ショーン・プリースト (ドラムス)
旧メンバー ケイティー・バーク (ギター)
ジョナサン・フラリック (ギター)
ライアン・ナイト (ギター)
ニコラス "ニック" コードル (ギター)
ブランドン・エリス (ギター)
スコット・シギーン (ベース)
ナサニエル・カーター (ベース)
マイケル・ヴァン・ダイン (ドラムス)
ダレン・チェスカ (ドラムス)

アーシス (Arsis)は、アメリカ合衆国バージニアビーチ[1]出身のメロディックデスメタル[1]/テクニカルデスメタル[1]バンド。当初は中心人物のジェームス・マローンのソロプロジェクトの傾向が強く、バンドメンバーにはドラマーのマイケル・ヴァン・ダインが居るのみであった。しかし、2006年以降は通常のバンド形態へと移行している。

略歴[編集]

2000年に、マサチューセッツ州ボストンバークリー音楽大学に在籍するジェームス・マローン (VoG)とマイケル・ヴァン・ダイン (Ds)によってデュオとして結成[1]。短期間スコット・シギーン (B)が居たが、スコットは短期間で離脱しており、ジェームスとマイケルの2名のみをメンバーとして活動を継続する。スコットの脱退を受けて、ジェームスはベースも兼任している。また、2001年頃に、ケイティ・バーク (G)が在籍したが、短期間で脱退。同年に1stデモ『Demo 2001』をリリース[1]。同デモには、スコットとケイティがゲストとして参加していた。翌2002年に2ndデモ『Demo 2002』をリリース[1]

その後、ペンシルヴァニア州ウィローティプ・レコードと契約[1]2004年に1stアルバム『A Celebration of Guilt』をリリースしデビューする[1]2005年には1stEP『A Diamond for Disease』をリリース。同EPでは、ドスのイアル・レヴィがプロデューサー及びレコーディング・エンジニアとして参加している。同年には、セッションメンバーを迎えてツアーも敢行している[1]2006年に2ndアルバム『United in Regret』をリリース[1]。同アルバムには、ドスのエミル・ウェスラー (G)と後にベーシストとしてアーシスに加入するノア・マーティン (B)がセッション参加していた。この後、5年ぶりの新メンバーとしてジョナサン・フリック (G)が加入。翌2007年には、2本のデモを収録した編集盤『As Regret Becomes Guilt』をネガティヴ・イグジステンスからリリース。同年には、初期からバンドを支えてきたマイケルが学業に専念するために脱退する[1]。これを受けて、新ドラマーにダレン・チェスカ (Ds)が加入[1]。また、この頃までにジョナサンが脱退しており、ライアン・ナイト (G)とアーシスのアルバムでセッション経験のあるノア・マーティン (B)が加入している[1]。これによって、今まで2人体制だったバンドが4人体制へと変化した。

ドイツの大手ヘヴィメタルレーベルニュークリア・ブラストに移籍し、3rdアルバム『We Are the Nightmare』を2008年にリリース[1]。同アルバムは、キングレコードより日本盤が発売され、日本デビュー盤となった。しかし、この時の体制は長続きせず、ノアとダレンは早々に脱退[1]。ライアンも2008年に加入したザ・ブラック・ダリア・マーダーのために脱退している[1]。結局、ジェームス以外のメンバーが総入れ替えとなり、マイケル・ヴァン・ダイン (Ds)が復帰し、ニック・コードル (G)とナサニエル・カーター (B)が新加入した[1]。当初、ニックはベーシストとして加入するはずであったが、ライアンの脱退を受けてセカンド・ギタリストとしての加入となった[1]。ニックとマイケルは2008年に加入したが、ベーシストの選定には時間がかかり、オーディションを経てナサニエルの加入が2009年8月に決定した[1]2010年に4thアルバム『Starve for the Devil』をリリースするも、ナサニエルが早々に脱退しノア・マーティン (B)が復帰した。2012年に入ってアーチ・エネミーにニックが加入し、ニックが脱退[2]。マイケルも同時期に脱退している。ショーン・プリースト (Ds)とブランドン・エリス (G)が加入。2ndEP『Lepers Caress』、2013年には5thアルバム『Unwelcome』をリリースした。

2018年2月に、ポーランドアゴニア・レコードと契約したこと発表した[3]。なお、北アメリカから南アメリカについては、これまでと同様にニュークリア・ブラストからリリースされる[3]

2019年4月に、ギタリストのブランドン・エリスに代わってテイラー・ワシントンが加入することが発表された[4]。この発表の中で、テイラーは少なくとも2018年11月頃より、ブランドンに代わってライヴに参加しており、今回正式に加入することになったとのことである[4]。なお、ブランドンは元メンバーのライアン・ナイトの後任として2016年にザ・ブラック・ダリア・マーダーに加入しており、ザ・ブラック・ダリア・マーダーに加入した後に脱退することになったメンバーはライアンに続き2人目である。また併せて、ロサンゼルスプロステティック・レコードと契約したことも発表された[4]

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

バンドの中心人物。サイド・プロジェクトのネクロマンシング・ザ・ストーンでも活動。
  • テイラー・ワシントン (Taylor Washington) - ギター (2019 - )
パラディン、サイバリティックでも活動。
  • ノア・マーティン (Noah Martin) - ベース (2007 - 2008, 2010 - )
ストラクチャ―・オヴ・インヒューマニティ、エイヴィアン、ダーク・エンパイア、リリトゥなどでも活動。
  • ショーン・プリースト (Shawn Priest) - ドラムス (2012 - )

旧メンバー[編集]

  • ケイティー・バーク (Kathy Burke) - ギター (2001)
  • ジョナサン・フラリック (Jonathan Fralick) - ギター (2006 - 2007)
  • ライアン・ナイト (Ryan Knight) - ギター (2007 - 2009)
ザ・ブラック・ダリア・マーダーに加入した後、脱退した。
  • ニコラス・"ニック"・コードル (Nicholas "Nick" Cordle) - ギター (2009 - 2012)
アーチ・エネミーに加入した後、脱退した。
  • ブランドン・エリス (Brandon Ellis) - ギター (2012 - 2019)
ザ・ブラック・ダリア・マーダーに加入した後、脱退した。カンナビス・コープス、ストラクチャー・オヴ・インヒューマニティなどでも活動。フィントロールサイロシスのライヴ・ミュージシャンを務めたこともある。
  • スコット・シギーン (Scot Seguine) - ベース (2000)
  • ナサニエル・カーター (Nathaniel Carter) - ベース (2009 - 2010)
  • マイケル・ヴァン・ダイン (Michael Van Dyne) - ドラムス (2000 - 2007, 2009 - 2012)
  • ダレン・チェスカ (Darren Cesca) - ドラムス (2007 - 2008)

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • A Celebration of Guilt (2004)
  • United in Regret (2006)
  • We Are the Nightmare (2008)
  • Starve for the Devil (2010)
  • Unwelcome (2013)
  • Visitant (2018)

コンピレーション[編集]

  • As Regret Becomes Guilt (2007)
デモを収録した編集盤

デモ・EP[編集]

  • Demo 2001 (Demo, 2001)
  • Demo 2002 (Demo, 2002)
  • A Diamond for Disease (EP, 2005)
  • Lepers Caress (EP, 2012)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v Arsis - 基本データ Arsis Official Facebook 2014年3月4日閲覧。
  2. ^ http://www.metalstorm.net/bands/biography.php?band_id=1341&bandname=Arsis 2015年3月4日閲覧。
  3. ^ a b Arsis - Arsis have signed a record deal with Agonia...”. Arsis Official Facebook (2018年2月28日). 2018年3月24日閲覧。
  4. ^ a b c If you've seen Arsis live over the past 6 months...”. Arsis Official Facebook (2019年4月11日). 2020年6月7日閲覧。

外部リンク[編集]