アーザルミードゥフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アーザルミードゥフト
サーサーン朝の王妃、および君主
AzarmidokhtCoinHistoryofIran.jpg
アーザルミードゥフトのコイン。左は父であるホスロー2世の上半身。
在位 630年-631年

死去 631年
王家 サーサーン家
父親 ホスロー2世
宗教 ゾロアスター教
テンプレートを表示

アーザルミードゥフト中世ペルシア語:Āzarmīgdukht、ペルシア語: آزرمی‌دخت‎、在位:630年-631年)はサーサーン朝の女王。彼女はホスロー2世の娘であり、従兄弟のShapur-i Shahrvarazの跡を継いでペルシアを統治した。

来歴[編集]

アーザルミードゥフトはホスロー2世の娘である[1]。母親は知られていない。数多くの兄弟と異母兄弟がおり、マルダーンシャー英語版Juvansherファッルフザード ホスロー5世英語版カワード2世英語版、シャフリヤール、そしてボーラーンドゥフト英語版などがその中に含まれる。彼女の父は628年にサーサーン朝の貴族たちによって廃位され、息子のカワード2世が取って代わった。彼は兄弟全員を処刑し、Juvansherとファッルフザード・ホスロー5世だけが隠れることに成功した。数ヶ月後、カワード2世はペストで死亡し、7歳の息子アルダシール3世が王位を継いだ。彼は1年後にはサーサーン朝の将軍シャフルバラーズによって殺害され、彼がサーサーン朝の王位を僭称した。40日後、シャフルバラーズはアスパーフバド家英語版の一派である貴族ファッルフ・ホルミズド英語版によって殺害された[2]。ファッルフ・ホルミズドの一派によってただちにボーラーンドゥフトが女王であることがクテシフォンで宣言された[3]。彼女はしかし、僭称者シャフルバラーズとホスロー2世の姉妹Mirhranの息子、シャープール5世によって後に廃位された[3]

しかし、シャープール5世はPersig(ペルシア)派として知られる将軍ペーローズ・ホスロー英語版の一派から承認されなかった。シャープール5世は排除され、アーザルメミードゥフトに機会が巡ってきた[3]。ペルシア派との連帯と権力の掌握のため、ファッルフ・ホルミズドはアーザルミードゥフトに結婚を申し込んだ。アーザルミードゥフトは敢えてこれを拒否せず、ミフラーン家英語版Siyavakhshの協力を得て彼を殺害した[4]。彼はかつての高名なスパーフベドで一時諸王の王を称したバフラーム・チョービン英語版の孫である。しかし、彼女はその後すぐにファッルフ・ホルミズドの息子ロスタム・ファッロフザード英語版によって殺害された。彼はボーラーンドゥフト英語版を王位に戻した[5]

出典[編集]

  1. ^ Pourshariati (2008), p. 185
  2. ^ Pourshariati (2008), p. 175
  3. ^ a b c Pourshariati (2008), p. 204
  4. ^ Pourshariati (2008), p. 206
  5. ^ Pourshariati (2008), p. 208

参考文献[編集]

  • パヴァーナ・プルシャリアーティー(Parvaneh Pourshariati) (2017-3). Decline and Fall of the Sasanian Empire: The Sasanian-Parthian Confederacy and the Arab Conquest of Iran. London and New York: I.B. Tauris. ISBN 978-1-78453-747-0. (ペーパーバック版。原著:2008年)
  • Shapur Shahbazi, A. (2005). “SASANIAN DYNASTY”. Encyclopaedia Iranica, Online Edition. http://www.iranicaonline.org/articles/sasanian-dynasty 2014年4月13日閲覧。. 

読書案内[編集]

  • John Martindale:The Prosopography of the Later Roman Empire IIIa. Cambridge, 1992, p. 160
  • Antonio Panaino:Women and Kingship. Some remarks about the enthronisation Boran of Queen and her sister Azarmigduxt. In: Josef Wiesehöfer, Philip Huyse (eds):Eran ud Aneran. Studien zu den Beziehungen zwischen dem Sasanidenreich und der Mittelmeerwelt. Stuttgart 2006, p. 221-240.
アーザルミードゥフト

630年 - 631年

先代:
シャープール5世
ペルシアの女王
630年-631年
次代:
ボーラーンドゥフト英語版