コンテンツにスキップ

アーサー・レビンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アーサー・D・レビンソン
Arthur D. Levinson
生誕 (1950-03-31) 1950年3月31日(74歳)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
民族 ユダヤ系アメリカ人
出身校 ワシントン大学 BS
プリンストン大学 PhD
職業 Calico CEO
Apple 会長
活動期間 2011 - 現在
著名な実績 Apple Inc. 会長
Calico 創設者兼CEO[1]
配偶者 リタ・メイ・リフ
子供 2人
マルビナ・レビンソン
ソル・レビンソン
テンプレートを表示

アーサーD.レビンソンArthur D. Levinson1950年3月31日 - )はアメリカビジネスマンであり、現在Apple [2]2011年 - )の会長であり、 CalicoAlphabet Inc.ベンチャー)のCEO。ジェネンテックの元CEO1995年2009年)および会長(1999年2014年)。

医療会社(バイオベンチャー)のGenentech(ジェネンテック、公式サイト、Wikipedia)社の元会長及び元CEOで、Calico(Googleの親会社Alphabetグループの1つ)の現CEOでもある。そして2004年から2009年まではGoogleの取締役も務めていた人物である。

Apple Inc. (2000年から現在)の取締役に加えて、 Broad Institute ( MITおよびハーバードと提携)の取締役も務めているが[3]以前はエフ・ホフマン・ラ・ロシュ(F. Hoffmann-La Roche 、2010年–2014年)、NGM Biopharmaceuticals(2009年–2014年)、Amyris Biotechnologies (2009年–2014年)の取締役を務めていた。彼は現在、メモリアルスローンケタリングがんセンターの科学コンサルタント委員会、カリフォルニア定量生物科学研究所(QB3)の産業諮問委員会、プリンストン大学分子生物学部諮問委員会、統合ゲノミクスのためのシグラー研究所ルイス諮問委員会の委員を務めている[4]

来歴

[編集]

幼少期

[編集]

マルビナとソルレビンソンの息子であるユダヤ人の家族に生まれ[5]1972年にシアトルのワシントン大学学士号BS)を取得し、1977年プリンストン大学生化学博士号PhD)を取得。

経歴

[編集]

レビンソンは、ノーベル賞を受賞したマイケル・ビショップハロルド・ヴァーマスとともに、カリフォルニア大学サンフランシスコ校の微生物学部で博士研究員を務め、ハーバート・ボイヤーがジェネンテックに雇用[6]。レビンソンは1980年研究科学者として医療会社のジェネンテック(Genentech)にリサーチ科学者として入社。ジェネンテック社はバイオベンチャーのパイオニアで、アメリカのカリフォルニア州サンフランシスコの会社である。

1989年には同社のリサーチテクノロジー担当の副社長(ヴァイス・プレジデント)に就任。 1990年に研究担当副社長。1992年には上級副社長(シニア・ヴァイス・プレジデント)に昇進。1992年には上級副社長(シニア・ヴァイス・プレジデント)に昇進。1993年に研究開発担当上級副社長。1995年にはジェネンテックのCEO最高経営責任者となって、続く1999年にはChairman(会長)となった[7]。1999年[8]にNational Breast

Cancer Coalitionから企業リーダーシップ賞を受賞[9]

現在ジェネンテックはバイオベンチャーとしてはアムジェンに継ぐ世界第2位の売上げ規模を誇る大会社である(日本最大の武田製薬よりも上)。

2000年Appleの取締役就任。

2003年バイオテクノロジーCEO会議でバイオテクノロジーの殿堂入りを果たした。 BusinessWeekは、2004年2005年にレビンソンを「年間最優秀監督賞」の1人に指名し、機関投資家は、4年連続(2004年から2007年)にバイオテクノロジー部門で彼を「アメリカの最優秀CEO」に指名した。 2004年から2009年までGoogleの取締役を務めた[10][11]

2006年プリンストン大学は、科学研究とバイオテクノロジーにおける卓越したキャリアに対して、ジェームズマディソンメダルを授与した[12]。 また、2006年には、バロンズは「世界で最も尊敬されるCEO」の1人として認め、ベストプラクティスインスティテュートのCEO兼創設者であるルイスカーターの上級執行委員会の承認を得て、「25のトップCEO」リストに入れた。 2008年、レビンソンはアメリカ芸術科学アカデミーのフェローに選出され、グラスドアは彼を2008年で「最も素晴らしい」CEOとして93%の承認率を獲得した[13]

2010年、レビンソンはバイオテクノロジー産業協会(BIO)とケミカルヘリテージ財団からバイオテクノロジーヘリテージアワードを、サンフランシスコエクスプロラトリアムからディレクターズアワードを受賞した。

80を超える科学論文を執筆または共同執筆しており、米国の11の特許の発明者に指名されている[14]

2011年11月15日スティーブ・ジョブズの後任としてAppleの取締役会会長に任命された[15][16][17]

2013年9月18日、健康と福祉に焦点を当てた新会社であるCalicoのCEOに任命された。この会社はGoogleによって創設、資金提供された[18]

2014年ワシントン大学から同窓生Summa Laude Dignatus Awardを受賞。ワシントン大学の卒業生に授与された最高の賞である。

2014年10月3日アメリカ国家技術賞を受賞。科学技術の分野での進歩とリーダーシップに対する米国最高の賞である[19]

2016年4月、科学界への貢献により、カリフォルニア大学サンフランシスコ校から2016年のDistinguished AlumnusAwardを受賞した[20]

2016年9月の時点で、3億8,400万米ドル相当の約120万株のApple株を所有している[21]

2020年に彼はフランクリン研究所のビジネスリーダーシップのバウアー賞を受賞した[22]

私生活

[編集]

1978年12月17日にリタメイリフと結婚し、2人の子供がいる。 息子のジェシー・レビンソンはZoox (企業)英語版の共同創立者[23]

脚注

[編集]
  1. ^ WWDC21”. 2013年9月25日時点のPress Info - Apple Leadership オリジナルよりアーカイブ。2013年11月24日閲覧。
  2. ^ Apple Leadership” (英語). Apple. 2021年5月12日閲覧。
  3. ^ Apple Names Arthur D. Levinson Chairman of the Board”. (Press release) Apple Inc. November 15, 2011. 2021年5月12日閲覧。
  4. ^ Arthur Levinson Chairman of Genentech Inc.”. Broad Institute (2010年6月28日). 2021年5月12日閲覧。
  5. ^ Rosenbaum, Fred (2009-11-05) (英語). Cosmopolitans: A Social and Cultural History of the Jews of the San Francisco Bay Area. University of California Press. ISBN 978-0-520-94502-9. https://books.google.co.jp/books?id=Kt2HaliLi0EC&pg=PA245&redir_esc=y#v=onepage&q&f=false 
  6. ^ Levine, Daniel S. (2004年12月19日). “Executive of the Year: Arthur Levinson drives Genentech”. San Francisco Business Times. http://www.bizjournals.com/sanfrancisco/stories/2004/12/20/story1.html 
  7. ^ "Genentech Names Levinson as New Board Chair and Announces Appointment of Two New Directors" (Press release). Genentech. 22 September 1999.
  8. ^ "Genentech Chairman/CEO Arthur Levinson Receives Irvington Institute's Corporate Leadership Award" (Press release). Genentech. 29 September 1999.
  9. ^ Past Awards and Recognition”. Genentech. 2011年8月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月12日閲覧。
  10. ^ Genentech's (And Apple Board Member) Arthur Levinson Leaves Google Board” (英語). TechCrunch. 2021年5月13日閲覧。
  11. ^ Arthur Levinson Resigns from Google’s Board of Directors – News announcements – News from Google – Google”. googlepress.blogspot.com. 2021年5月13日閲覧。
  12. ^ James Madison Medal | Princeton Alumni”. alumni.princeton.edu. 2021年5月13日閲覧。
  13. ^ Glassdoor.com Lists Naughtiest and Nicest C.E.O.’s of 2008”. 2021年5月13日閲覧。
  14. ^ Arthur Levinson” (英語). Broad Institute (2010年6月28日). 2021年5月13日閲覧。
  15. ^ Caulfield, Brian. “Genentech's Art Levinson Replaces Steve Jobs As Chairman Of Apple's Board” (英語). Forbes. 2021年5月13日閲覧。
  16. ^ Definitive Proxy Statement”. www.sec.gov. 2021年5月13日閲覧。
  17. ^ Apple、アーサー D. レビンソンを取締役会長に指名”. Apple Newsroom (日本). 2021年5月13日閲覧。
  18. ^ Google announces Calico, a new company focused on health and well-being – News announcements – News from Google – Google”. googlepress.blogspot.com. 2021年5月13日閲覧。
  19. ^ President Obama Honors Nation’s Top Scientists and Innovators” (英語). whitehouse.gov (2014年10月3日). 2021年5月13日閲覧。
  20. ^ News | Graduate Division”. graduate.ucsf.edu. 2021年5月13日閲覧。
  21. ^ ARTHUR D LEVINSON Insider Trading Overview”. www.insidermole.com. 2021年5月13日閲覧。
  22. ^ The Franklin Institute Awards” (英語). The Franklin Institute (2014年2月3日). 2021年5月13日閲覧。
  23. ^ https://www.sfchronicle.com/business/article/Secretive-robot-car-maker-Zoox-opens-up-13221844.php