アーサー・シュワルツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
1933年

アーサー・シュワルツまたはシュウォーツ(Arthur Schwartz 1900年11月25日1984年9月3日)はアメリカ合衆国の作曲家・映画製作者。

生涯[編集]

ドロシー・フィールズと。1951年。

初期[編集]

水色がブルックリン地区

ブルックリン生まれ[1]

独学でハーモニカとピアノ習得。14歳でサイレント映画の伴奏を映画館で始める。ニューヨーク大学で英語の学士号、コロンビア大学で英語の修士号を得る。弁護士の父に言われNYUロー・スクールを卒業。1924年に法曹界に入る[2][3]

仕事[編集]

法律の勉強をしながら学校で英語を教えて稼ぎ、作曲もしていた。処女作"Baltimore, Md., You're the Only Doctor for Me"(Eli Dawson作詞)を1923年に出版。[4]

仲間であるロレンツ・ハート英語版ジョージ・ガーシュウィンたちに作曲を続けるよう激励を受けた。

ジェローム・カーンと共作したことのあるMGM社広報員ハワード・ディーツ英語版に声をかけるも、最初は相手にしてもらえなかった[5]ブロードウェイのショーen:The New Yorkers (1927)に作品提供。1928年までに自分の法律事務所をたたみ、ディーツと組む。

二人の共作はまずレヴュー『The Little Show』 (1929)で使用、"I Guess I'll Have to Change My Plan"は三年後にRudy Valléeでヒット。1930年にはロンドンで三つ、ニューヨークで三つのショーに作品提供。Three's a Crowd (1930)が最も成功し、キャストは前年の『The Little Show』と同じで、"Something to Remember You By"がヒットした。

映画界に進出し、1930年の映画『喧嘩商会』では"I'm Afraid of You" (作詞:ラルフ・レインジャー英語版とEdward Eliscu)という楽曲が使用された。[6]ブロードウェイのミュージカルでは他にThe Band Wagon (1931), A Tree Grows in Brooklyn (1951), By the Beautiful Sea (1954), The Gay Life (1961), Jennie (1963)に書いた。MGMのミュージカル映画『バンド・ワゴン』(1953)でもディーツと手をくんだ。

また、シュワルツは、ディーツのほかにもドロシー・フィールズ英語版アイラ・ガーシュウィンオスカー・ハマースタイン2世エドワード・ヘイマン, フランク・レッサー, ジョニー・マーサー, Leo Robin,Al Stillmanとも共同で制作したことがある[7][8]


コロンビア映画会社でも、ミュージカル映画『カバーガール』 (1944)、コール・ポーターの伝記映画『夜も昼も』(1946)などの制作に携わった[9]

家族[編集]

1930年、ブロードウェイのおぼこ娘役女優Kay Carringtonと結婚。1938年に息子Jonathanが生まれ、14年後、1952年に妻が死んだ。Jonathanは現在人気ラジオDJ、たまにミュージシャンもやっている。[10]

その後、愛人だったメアリー・グレイと再婚。[11]

次男Paulは1956年に生まれ、作曲家・指揮者・ピアニスト・プロデューサーになった。

[編集]

1984年にペンシルベニア州のKintnersvilleで死んだ。[12]

受賞[編集]

1944年の“They’re Either Too Young or Too Old”(映画Thank Your Lucky Stars主題歌)、1948年の“A Gal in Calico”(映画The Time, the Place and the Girl主題歌)がアカデミー賞に入選。後者は後にマイルス・デイヴィスが演奏した。[13][14]

1972年にソングライターの殿堂入り。[15]

1981年、「アメリカの劇場の殿堂」入り。[16]

1990年、ザッツ・エンターテインメント(映画『バンド・ワゴン』から)がASCAPの「最も演奏された映画主題歌」賞受賞。[17][18]

主な作品[編集]

ハワード・ディーツとの共作[編集]

他の作詞家との共作[編集]

参照[編集]

  1. ^ “Arthur Schwartz”. Songwriters Hall of Fame. http://www.songwritershalloffame.org/exhibits/C224 2013年11月23日閲覧。 
  2. ^ Artist Bio: Arthur Schwartz”. ArtistDirect.com. 2013年11月23日閲覧。
  3. ^ “Arthur Schwartz”. Songwriters Hall of Fame. http://www.songwritershalloffame.org/exhibits/C224 2013年11月23日閲覧。 
  4. ^ “Arthur Schwartz”. Songwriters Hall of Fame. http://www.songwritershalloffame.org/exhibits/C224 2013年11月23日閲覧。 
  5. ^ Artist Bio: Arthur Schwartz”. ArtistDirect.com. 2013年11月23日閲覧。
  6. ^ Artist Bio: Arthur Schwartz”. ArtistDirect.com. 2013年11月23日閲覧。
  7. ^ Artist Bio: Arthur Schwartz”. ArtistDirect.com. 2013年11月23日閲覧。
  8. ^ “Arthur Schwartz”. Songwriters Hall of Fame. http://www.songwritershalloffame.org/exhibits/C224 2013年11月23日閲覧。 
  9. ^ Artist Bio: Arthur Schwartz”. ArtistDirect.com. 2013年11月23日閲覧。
  10. ^ James Gavin (2004年3月7日). “Book Review: Frankie & Jonathan: All in Good Time. The New York Times. http://jamesgavin.com/page41/page48/page48.html 
  11. ^ James Gavin (2004年3月7日). “Book Review: Frankie & Jonathan: All in Good Time. The New York Times. http://jamesgavin.com/page41/page48/page48.html 
  12. ^ Robert Cummings. “Arthur Schwartz Artist Biography”. AllMusic.com 
  13. ^ Artist Bio: Arthur Schwartz”. ArtistDirect.com. 2013年11月23日閲覧。
  14. ^ “Arthur Schwartz”. Songwriters Hall of Fame. http://www.songwritershalloffame.org/exhibits/C224 2013年11月23日閲覧。 
  15. ^ Arthur Schwartz at the Songwriters Hall of Fame”. Songwritershalloffame.org. 2012年6月17日閲覧。
  16. ^ “26 Elected to the Theater Hall of Fame”. The New York Times. (1981年3月3日). http://www.nytimes.com/1981/03/03/theater/26-elected-theater-hall-fame-26-broadway-voted-into-theater-hall-fame.html 
  17. ^ Artist Bio: Arthur Schwartz”. ArtistDirect.com. 2013年11月23日閲覧。
  18. ^ “Arthur Schwartz”. Songwriters Hall of Fame. http://www.songwritershalloffame.org/exhibits/C224 2013年11月23日閲覧。 
  19. ^ “Arthur Schwartz”. Songwriters Hall of Fame. http://www.songwritershalloffame.org/exhibits/C224 2013年11月23日閲覧。 
  20. ^ Stars in Your Eyes”. The Dorothy Fields Website. 2013年11月23日閲覧。
  21. ^ Charlotte Greenspan (July 27, 2010). Pick Yourself Up: Dorothy Fields and the American Musical. Oxford University Press. p. 233. http://books.google.com/books?id=jG03P-OAu-UC&pg=PA233&lpg=PA233&dq=a+lady+needs+a+change+arthur+schwartz&source=bl&ots=D8PGs6rfdD&sig=py5CY0HHJ5OW9N79oRuX8rC2J48&hl=en&sa=X&ei=D6qRUuaPBuPMsQSLjYCICg&ved=0CEMQ6AEwAw#v=onepage&q=a%20lady%20needs%20a%20change%20arthur%20schwartz&f=false. 
  22. ^ Stars in Your Eyes”. The Dorothy Fields Website. 2013年11月23日閲覧。

外部リンクリンク[編集]