アーサーズ・パス国立公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Arthur’s Pass National Park
IUCNカテゴリII(国立公園
ArthursPass.jpg
アヴァランチェ・ピーク英語版から眺めたアーサーズ・パス国立公園
地域 ニュージーランドの旗南島
最寄り アーサーズ・パス英語版クライストチャーチ
座標 南緯42度57分0秒 東経171度34分0秒 / 南緯42.95000度 東経171.56667度 / -42.95000; 171.56667座標: 南緯42度57分0秒 東経171度34分0秒 / 南緯42.95000度 東経171.56667度 / -42.95000; 171.56667
面積 1,143 km²
創立日 1929年
運営組織 ニュージーランド環境保全省

アーサーズ・パス国立公園Arthur’s Pass National Park)は、ニュージーランド南島で、カンタベリー地方ウェスト・コースト地方にまたがる国立公園である。

概要[編集]

南島の中央部に位置する。ニュージーランド全体では4番目、南島では最初に設立された。公園の名前は、1865年に、南島を東西に隔てるサザンアルプス山脈において、クライストチャーチホキティカ英語版を結ぶ251キロメートルの道路の開拓、建設で活躍したアーサー・ダッドレー・ドブソン英語版にちなむ[1]

国立公園は、ドブソンが開拓し、現在では、国道73号線英語版と呼ばれる道路に沿うような形で設けられている[2]アーサーズ・パス英語版は、国道73号線上にあり、国立公園の情報の拠点となっている。

国立公園内の最高峰は、マーチソン山英語版で、標高2,400メートルである[2]。アーサーズ・パスの街並みから西のほうにそびえる山は、第2の山であるロールストン山英語版(標高2,271メートル)である[2]

歴史[編集]

カンタベリー地方にヨーロッパ人が居住を開始する以前から、先住民に当たるマオリは、現在の国道73号線に当たるルートを利用してきた。マオリは、このルートを用いて、翡翠ウェスト・コースト地方からカンタベリー地方に運んでいた[1]。いわゆる「翡翠の道」である。

ヨーロッパ人が、南島の中心であるカンタベリー地方からウェスト・コースト地方へ関心を高めたのは、ウェスト・コースト地方でが発見されたことに他ならない[1]。そういった社会情勢の中で、アーサー・ダッドレー・ドブソンがウェスト・コースト地方を探検し、道路の建設が開始されていった[1]。ドブソンが建設を指揮したこの道路は、1年未満で建設が完了した[1]。もっとも、このルートは、天候の急変や落石などで危険性が高いことから、1907年から建設が開始され、1923年には、オティラ英語版~アーサーズ・パス間の8.5キロメートルには、鉄道トンネルであるオティラ・トンネル英語版が開通した[1]。また、道路の改良として、1998年から2年がかりで、オティラ・ヴィアダクトと呼ばれるバイパスが建設されたため、危険区間は、現在では閉鎖されている[1]

生態系[編集]

植物相[編集]

アーサーズ・パス国立公園の植生は、サザンアルプス山脈の東麓と西麓では、はっきりと異なる[1]。東麓の植生の中心は、ブナである[2]一方、西麓の中心は、マキフトモモ科メトロシデロス・ウンベラータである[1]。西麓の森林には、樹木の下には、灌木やシダ植物コケ植物がともに生い茂っている[1]。森林限界を越えると、草むらになる[1]

動物相[編集]

アーサーズ・パス国立公園では、ミヤマオウムマオリ語でKea)の生息地である[1]。また、また、絶滅危惧種のオオマダラキーウィ英語版も、公園内では一般的に見られるニュージーランドミツスイ英語版ニュージーランドオウギビタキ英語版とともに生息が確認されている[1]

アクティビティ[編集]

トレッキングニュージーランド英語でトランピング)をアーサーズ・パス国立公園でも楽しむことができる。ニュージーランド国内に9ヶ所あるニュージーランド・グレート・ウォークス英語版こそ無いものの、行程1時間半のアーサーズ・パス・ショート・ウォーキング・トラックス(Arthur’s Pass short waiking tracks)[3]、行程半日のアーサーズ・パス・ハーフデイ・ウォークス(Arthur’s Pass half-day walks)[4]、行程1日のアーサーズ・パス・デイ・ウォークス(Arthur’s Pass day walks)[4]がある。

それ以外のアクティビティは、登山マウンテンバイクを楽しむことができる[5]。また、免許制であるが、国立公園内には、狩猟できる場所が東西にあり[6][7]、そこでは、鹿シャモアを狩猟することができる[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m Features”. ニュージーランド環境保全省. 2014年2月19日閲覧。
  2. ^ a b c d Story: Canterbury places page 14 – Porters Pass to Arthur’s Pass”. The encyclopedia of New Zealand. 2014年2月26日閲覧。
  3. ^ Arthur’s Pass short walking tracks”. ニュージーランド環境保全省. 2014年2月26日閲覧。
  4. ^ a b Arthur’s Pass half-day walks”. ニュージーランド環境保全省. 2014年2月26日閲覧。
  5. ^ a b Activities in Abel Tasman National Park”. ニュージーランド環境保全省. 2014年2月26日閲覧。
  6. ^ Arthur’s Pass East hunting block”. ニュージーランド環境保全省. 2014年2月26日閲覧。
  7. ^ Arthur’s Pass West hunting block”. ニュージーランド環境保全省. 2014年2月26日閲覧。

外部リンク[編集]