ア・デイ・トゥ・リメンバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
A Day to Remember
Peace and Love A Day to Remember 1.JPG
2010年のライヴより。
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州オカラ
ジャンル ポスト・ハードコア
ポップ・パンク
活動期間 2003年-現在
レーベル ビクトリー・レコード
公式サイト [1]
メンバー ジャレミー・マッキノン
ネイル・ウエストフォール
ケビン・スカッフ
ジョシュア・ウッダード
アレックス・シェルナット
旧メンバー トム・デニー
Bobby Scruggs
David Hearth

ア・デイ・トゥ・リメンバー (A Day to Remember) とは、アメリカ合衆国フロリダ州出身のロックバンドである。

概要[編集]

2003年結成。

2005年5月10日にIndianola Recordsから、1stアルバム「And Their Name Was Treason」でデビューを飾る。

その後も、ポップ・パンクに巧みに絶叫を織り交ぜた「ハードコア色の強い、ポップ・パンク・サウンド」で、全米の若者を中心に序々に人気を獲得していき、2006年に入ると、全米でも屈指の大手インディーズレーベルビクトリー・レコードと契約を結ぶ事に成功。

2007年1月23日には、2ndアルバムとなる「For Those Who Have Heart」をリリースしている。

2009年2月3日には、3rdアルバムとなる「Homesick」をリリースし、ビルボードアルバムチャートにて初登場21位を記録。全米トータルセールスも20万枚を突破した[1]。しかし、その直後の6月に、ギタリストのトム・デニーが結婚生活を理由にバンドから脱退。その穴を埋める形で、ケビン・スカッフを迎え入れている。

2010年11月16日には、4thアルバム「What Separates Me from You」がリリースされた。

2013年8月24日、5thアルバム「Common Courtesy」を10月8日にリリースされる事が発表された。今回のアルバムはビクトリー・レコードからのリリースではなく、メンバー達による自主リリースという形になった。主な理由は、2012年に起こったレーベルとの裁判が未だに決着せず、バンドが飼い殺し状態になってしまったため。

その後裁判所はビクトリー・レコードの訴えを退け、バンドは無事2013年10月8日に5thアルバム「Common Courtesy」をリリースした。当初は公式サイトのみでの配信リリースだったが、後に新曲を3曲追加した「Common Courtesy」のデラックス盤をCDと共に2013年11月25日にリリースされる事が発表された。

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

  • ジャレミー・マッキノン/Jeremy McKinnon - (ヴォーカル)
  • ネイル・ウエストフォール/Neil Westfall - (ギター)
  • ケビン・スカッフ/Kevin Skaff - (ギター)
  • ジョシュア・ウッダード/Joshua Woodard - (ベース)
  • アレックス・シェルナット/Alex Shelnutt - (ドラム)

旧メンバー[編集]

  • トム・デニー/Tom Denney
  • Bobby Scruggs
  • David Hearth

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
US
[2]
AUS
[3]
AUT
[4]
BEL
[5]
GER
[6]
UK
[7]
2005 And Their Name Was Treason[8][9]
2007 For Those Who Have Heart[12][13]
  • 発売日: 2007年1月22日[14]
  • レーベル: Victory
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全米売上: 2万枚[15]
2009 Homesick[16]
  • 発売日: 2009年2月3日[17]
  • レーベル: Victory
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全米売上: 50万枚[18]
21 165
2010 What Separates Me from You
  • 発売日: 2010年11月16日[21]
  • レーベル: Victory
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全米売上: 50万枚[22]
11 24 66
  • US: ゴールド[19]
2013 Common Courtesy[23][24]
  • 発売日: 2013年10月8日[25]
  • レーベル: ADTR
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全米売上: 19万枚[26]
37 13 40 188 48 57
2016 Bad Vibrations
  • 発売日: 2016年9月2日[27]
  • レーベル: ADTR
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全米売上: 6.2万枚[28]
2 1 7 30 7 6
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.ultimate-guitar.com/news/upcoming_releases/a_day_to_remember_this_wednesday.html
  2. ^ A Day To Remember Album & Song Chart History”. Billboard 200. 2012年1月21日閲覧。
  3. ^ australian-charts.com – Discography A Day To Remember”. ARIA Charts. Hung Medien. 2012年1月21日閲覧。
  4. ^ Discographie A Day To Remember” (German). 'austriancharts.at'. Hung Medien. 2012年12月5日閲覧。
  5. ^ ultratop.be - Discografie A Day To Remember” (Dutch). ultratop.be. 2015年5月12日閲覧。
  6. ^ Discographie - A Day To Remember” (German). charts.de. 2013年12月5日閲覧。
  7. ^ UK peak chart positions:
  8. ^ Maddo (2008年9月7日). “A Day To Remember release dates | News”. Kill Your Stereo. 2013年9月4日閲覧。
  9. ^ “Launch Pad”. Billboard 120 (45): 49. (November 15, 2008). 
  10. ^ Rivadavia, Eduardo. “And Their Name Was Treason - A Day to Remember”. Allmusic. 2013年7月24日閲覧。
  11. ^ A Day To Remember - Rock am Ring 2013 - Offizielle Festival Homepage” (de). Rock-am-ring.com. 2013年9月4日閲覧。
  12. ^ New A Day To Remember Song Posted”. Victory Records (2008年2月4日). 2013年9月8日閲覧。
  13. ^ “Albums”. Billboard 120 (10): 68. (March 8, 2008). 
  14. ^ In Stores Today!”. Victory Records (2007年1月22日). 2013年7月5日閲覧。
  15. ^ DeFazio, Joe (2007年9月27日). “A Day To Remember returns to Ocala”. Ocala.com. 2013年9月4日閲覧。
  16. ^ A Day To Remember to re-release Homesick | News”. Kill Your Stereo (2009年9月14日). 2013年12月12日閲覧。
  17. ^ Homesick - In Stores Now!!!”. Victory Records (2009年2月3日). 2013年7月5日閲覧。
  18. ^ Trimboli, Grant. “ADTR "Have Faith in Me" Music Video”. Under the Gun Review. 2013年9月4日閲覧。
  19. ^ a b Gold & Platinum - RIAA”. RIAA. 2016年4月1日閲覧。
  20. ^ Certified Awards”. bpi.co.uk. 2015年7月24日閲覧。 Enter A Day to Remember in the field Search. Select Artist in the field Search by. Click Search
  21. ^ A Day To Remember Confirm Album Release Date | News | Rock Sound”. Rocksound.tv (2010年9月21日). 2013年7月18日閲覧。
  22. ^ Sarachik, Justin (2013年1月24日). “A Day to Remember Announces Tour Dates | Broken Records Entertainment, LLC”. Brokenrecordsonline.com. 2013年9月4日閲覧。
  23. ^ A Day to Remember to Self-Release 'Common Courtesy'”. Purevolume.com. 2013年10月20日閲覧。
  24. ^ A Day To Remember Announce Physical Release Of ‘Common Courtesy’ | News | Rock Sound”. Rocksound.tv (2013年10月17日). 2013年12月11日閲覧。
  25. ^ Ableson, Jon (2013年8月). “A Day To Remember Confirm New Album 'Common Courtesy' Release Date”. Alter The Press!. 2013年8月24日閲覧。
  26. ^ Brown, Matt (2014年4月2日). “Metal By Numbers 4/2: Unconditional Joy”. Metal Insider. 2015年8月2日閲覧。
  27. ^ James (2016年7月25日). “A DAY TO REMEMBER CHANGE BAD VIBRATIONS RELEASE DATE”. Kerrang!. 2016年7月25日閲覧。
  28. ^ Caulfield, Keith (2016年9月11日). “Travis Scott Scores His First No. 1 Album on Billboard 200 Chart With 'Birds in the Trap Sing McKnight'”. 'Billboard'. Prometheus Global Media. 2016年9月12日閲覧。


外部リンク[編集]